レコパル

2016年3月1日

今こそ明かされるFM番組表制作[秘]裏話

Theme Tag


当時の『FMレコパル』をはじめ、FM誌にとって欠かすことのできない2週間の番組表。番組名や曲名、アーティスト名などが整然と並ぶ中、実は数々の秘密が隠されていた! 40年前の裏話を大公開!

SCAN_1_1_741114

※番組表は1974年当時のものであり、現在の番組編成とは異なっています。

 

1 番組表の幅にはこんな秘密があった
1日の放送内容を1ページ左右2列組みで紹介していく番組表。その1列分の横幅は、実はカセットレーベルの短辺と同じ(時刻スペースを除く)。番組をエアチェックした後、切り取ってケースに入れると、ライナー感覚のレーベルとして使えた。ワープロや表計算ソフトのなかったこの時代、手書きで曲名やアーティスト名を記入するのは大変な作業だっただけに、活用した音の仲間も多かったのでは?

2 基本的に演奏時間を掲載
NHKは全曲完全演奏が基本。DJもかぶらず、それが音楽ソースとしての価値を高めていた。演奏時間は発表される番宣(番組資料)を踏襲。未掲載の曲はレコード会社に確認する場合もあった。

3 マークが意味するもの
推薦マークの「ナマズ」に加え、チェックすべきマークは「テープ」と「ライブ」。いずれもレコード化されていない、FMでのみ聴ける貴重な音源だからだ。編集部では「ナマズ」を〝A〟、以下アルファベット順に「廃盤」は〝R〟と、各マークを略号で呼んでいた。またフォークやロックではジャンルを巡って議論となるアーティストもいた。

アイコン

4 基本的に国内盤を掲載
番宣に輸入盤が記載されている場合も少なくなかったが、12インチやリミックス盤などを除き、読者が手に入れやすいように、できるだけ国内盤のレコード番号を記載。競合他誌との差別化を図っていた。

5 アーティストや出演者、曲名などの表記の統一
細則は多々あれど、基本は「ヴ」ではなく「ブ」を使うこと。「フルトヴェングラー」と「フルトベングラー」、「ベートーヴェン」と「ベートーベン」など、同一人物が異表記されてしまうからだ。グループ名に「ザ」を冠さない決まりもあった。例外はザ・バンド、ザ・フー、ザ・ピーナッツ、そしてGSのザ・リガニーズ。

6 番組表で使用する色の数
スミ色はポピュラー、オレンジはジャズ、エビ茶はクラシックと、ジャンル別に色分けされていた。ちなみに深夜放送のテーマソングで知られるハーブ・アルパート(A&Mレコード創始者)のように、作品や時代によってジャンル(色)が変わるアーティストもいる。

7 レコード番号からレコード会社を割り出す
番宣に「エンジェル EAA80050」と記載されている場合も多く、レコード番号から内外のレコード会社を判読するスキルが要求された。

8 徹夜作業ならではのミスも……
徹夜作業で集中力が落ちてくると、曲順やレコード番号を間違えるケースが発生。特に20曲近くがオンエアされる場合もあったNHKのポップス番組は、校了時の最重要チェック番組のひとつだった。

9 校了日に番宣が出たものは電話送稿
校了日に番組内容が発表された場合は、公衆電話に直行。資料をその場で番組表フォーマットに〝変換〟しながら読み上げて送稿した。

10 1日分に割り付けされる行数は決まっていた
1日に掲載できる行数は決まっており、「以下○月○日番組右下段に続く」と、あふれた日は不足する日に移動する作業が必要だった。

11 クラシックやジャズのアーティストを中心にパートや演奏楽器を表記
アーティスト名の後に楽器名、クラシックの歌手であればパートを下記の略号を使って表記。曲によって(ts)や(ss)、(p)と(kb)を使い分けるミュージシャンもおり、意外と専門的な知識が要求された。

楽器表

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あなたの知らない最新ハイエンドの世界 2017東京インターナショナルオーディオショウレポート

2017年9月30日

ランキング背景0929

【e-onkyo ハイレゾ音源 売れ筋ランキング】2週連続で河合楽器とオンキヨーのコラボ作が1位、梶浦由記、柴田淳の新作もランクイン!(9月22日〜9月28日)

2017年9月29日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】カスタマイズも楽しめる無垢板を使った小型スピーカー あの『ishida model』が我が家に到着!

2017年9月29日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】ビーム管の代表選手KT88が使える真空管アンプキットELEKIT『TU-8200』で球転がし

2017年9月28日

Book

第38巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ