プレーヤー

2017年6月16日

【ポータブルオーディオLab】『AK380』と比較試聴 新フラグシップ『A&ultima SP1000』の実力は?

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最初からプレミアムなStainless steelとCopperで登場

Astell&Kernのフラッグシップモデルと言えば『AK380』。重さ約230gの重さが音の良さを予感させた。ところが今回、それを上回る『A&ultima SP1000』が発表された。発売時期は7月7日(先行予約は6月16日から)、価格はオープンだが「アキハバラe市場」の直販価格で49万9980円(税込)。

『SP1000』にアルミ合金ボディは存在しない。ステンレス合金か銅の二択という最初からスペシャルな構成で登場する。ステンレスは約386.6g、銅は約387.9gもある。これはサイズはポータブルだがモバイルユースではなく、音質最優先なんで、そこんとこよろしくという宣言である。ケース以外に差異はないが、もちろん音色は異なる。聴いてみてのお楽しみと言いたいところだが、私はCopperの色気のある響きが好みだ(Copperモデルは近日発売予定)。

『AK380』がありながら、なぜAstell&Kernは『A&ultima SP1000』を製品化したのか。世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤーを作るためだという。そのためにわざわざA&ultimaと名付けたプロダクトラインを新たに作っている。具体的に何がスゴイのかと言えば、低歪みで高出力という両立が難しい課題をクリアー、プレミアムDAC「VERITA AK4497EQ」を採用して、さらなる高みを目指そうとしている。

 

左がStainless steelで、右がCopperモデルとなる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

BOX

パイオニア ハイレゾを簡単に楽しめるスターターセットを発売

2017年6月27日

NW-A35HN_M10_L_Main_Blue_thmub

ハイレゾ対応ウォークマン、スピーカー「初音ミク10周年記念モデル」 期間限定および数量限定で販売

2017年6月22日

Book

第34巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ