プレーヤー

2017年5月16日

Astell&Kernから世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤー『A&ultima SP1000』が登場

Theme Tag


SP1000_02

株式会社アユートは、Astell&Kernの新フラッグシップモデルとなる『A&ultima(エー・アンド・ウルティマ) SP1000』を発表した。

『A&ultima SP1000』は、旭化成エレクトロニクス社の最新 DAC チップ「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載し、DSD256、384kHz/32bitのネイティブ再生に対応。超低ジッター200Fs を実現する VCOX クロックの搭載や、高出力化を果たしながらさらなる低歪・低ノイズを実現した回路設計は、かつてないハイエンドサウンドを実現する。
さらにオクタコア CPU の採用により、一切の妥協を排したデジタルオーディオ再生処理と、優れた応答パフォーマンスを実現。5 インチの高解像度ディスプレイから操作する新しい GUI や、高速データ転送・高速充電対応など、操作性においても格段の進化を遂げているという。

『A&ultima SP1000』は、Stainless Steel モデルと、Copper モデルが用意され、Stainless Steel モデルのグローバルプライスは米ドルにて$3,499(税抜)を予定(Copper モデルは未定)。なお、日本での発売日/価格は未定。

※画像は Stainless モデル

<主な特徴>

・旭化成エレクトロニクス最新型 DAC「AK4497EQ」を、デュアル DAC 構成で搭載
・優れた処理能力と反応速度を実現する Octa Core CPU 搭載
・PCM 384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生
・超低ジッター200Fs を実現。VCXO Clock(電圧制御水晶発振器)搭載
・高出力化を果たしながら低歪・低ノイズを実現する新設計アンプ回路
・ベゼルレス設計の高解像度 HD 5 インチディスプレイ
・より直感的な操作を可能にする新 GUI
・USB3.0(Type-C)採用により、高速データ転送に対応
・高速充電に対応。約2時間の充電で、最大約12時間の連続再生が可能
 *FLAC(96kHz/24bit)ファイルを、ローゲイン設定で 50%の音量で再生時の場合
・新開発のマルチファンクション・ホイールキーを採用
・2.5mm/4 極バランス出力搭載
・DLNA ネットワーク機能「AK Connect」搭載
・より高度な音質調整を可能にする Parametric EQ 機能搭載

SP1000_01_b

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【FiiO、Lotooの最新モデルからA&K『KANN』まで】DSDネイティブ対応は当たり前! 春のヘッドフォン祭2017まとめ〜DMP編

2017年5月8日

K000_thumb

Astell&Kernのパフォーマンスライン『KANN』 気になる音質は今までとどう違う?

2017年4月16日

onkyo_2_thmub

【ポータブルオーディオLab】対決再び! ONKYO『Rubato』とPioneer『private』、その○と×を徹底検証

2017年3月11日

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

Book

第28巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ