プレーヤー

2017年4月16日

Astell&Kernのパフォーマンスライン『KANN』 気になる音質は今までとどう違う?

Theme Tag


スペックと操作性の両面を強化

DAC性能で『AK300』を上回るスペックを実現。さらにヘッドホンを駆動するための出力はアンバランス、バランス共に『AK380』を上回り、『AK380+AMP』に迫るアンバランス4.0Vrms、バランス7.0Vrmsを実現している。サイズは幅71.23×高さ115.8×奥行き25.6mm、約278gと厚さでも重さでも『AK380』よりも厚みがあって重い。『AK380+AMP』で比較するとこちらは約293gになるのでやや『KANN』の方が軽い。この厚みはダテではなく従来の約2倍もある6200mAの大容量バッテリーで連続15時間再生ができる。さらにUSBタイプC端子とmicroUSB端子を搭載して、ACアダプタで充電しながら、デジタル出力を外部DACに送ることも可能。その逆に本機をUSB/DACとして活用もできる。

その際は従来のヘッドホン出力とは別系統でライン出力専用の3.5mm3pinアンバランス出力と2.5mm4pinバランス出力が設けられた。アンバランス出力は4段階にゲインを切り換えられる。ボリュームとヘッドホンアンプをバイパスしたライン出力専用端子の採用により従来モデルを超える高音質を実現したという。

 

厚みのある本体に、バランスとアンバランスのラインアウトを搭載。カードスロットはSDとmicroSDのデュアルメモリーカードスロットになった。
K005_a

 

ドライブ能力は単体で『AK380』を上回り、『AK380+AMP』に迫る。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

デザインは氷壁のイメージから生み出された。コア・ラインよりフォルムに力強さを感じる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

onkyo_2_thmub

【ポータブルオーディオLab】対決再び! ONKYO『Rubato』とPioneer『private』、その○と×を徹底検証

2017年3月11日

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

GRANBEAT DP-CMX1_thmub

【ポータブルオーディオLab】『DP-X1』直系の高音質スマホ ONKYO『GRANBEAT』を徹底解剖

2017年2月16日

H000_thmub

【ポータブルオーディオLab】なんと税込1万9999円 気になる中華ハイレゾプレーヤーの実力は?

2017年2月4日

Book

第26巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ