プレーヤー

2016年3月3日

2016年発売予定の新製品をいち早く体験!『ポタフェス2015』レポート〜ハイレゾプレーヤー&アクセサリー編

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA「ポタフェス2015」レポート第3回目は、ハイレゾプレーヤー、その他のアクセサリーをまとめてお届けする。ハイレゾプレーヤーに関してはAstell&Kernが怒濤の新製品攻撃を仕掛けてきた1年だったが、そのせいか各社から似たようなデザインのモデルが続々登場してきた。さらに2.5mm4極端子を使ったバランス接続を採用するメーカーが増えてきた。ユーザーとしては、どれでもいいから1つに決めて欲しいというのが本音だが、2.5mm4極は自作派にはかなり厳しい端子なのだ。

■FiiO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA人気のFiiOシリーズのハイエンドモデルが遂に登場、FiiO『X7』である。DACにはESS ES9018Sを使い、高解像度でシャープな音を実現している。さらにアンプモジュール交換式でバランス接続や、オペアンプ交換に対応するというユニークな構造になっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように本体下部がモジュール式になっており、交換できる。3種類のモジュールが登場予定で、2.5mm4極バランス接続に対応予定だ。

 

■iFI

OLYMPUS DIGITAL CAMERAiFIからはDCアダプターに接続して音質を向上させる『nano iPurifier DC』が登場する。予想実勢価格約2万2680円。径の違う3つのサイズがある。内部で電源を作り直す本格派の作りで、極性が間違っている場合は正しい極性で送り出されるという。音質に不安があるAC/DCアダプターを使っている人には気になるアクセサリーだ。結構、高価なので自作で専用電源が作れるかもと思ってしまうが……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA使用方法はカンタン、機器とケーブルの間に挟み込むだけ。これで強化電源なみの効果が得られるなら使ってみたい!

 

■Resonessence Labs

OLYMPUS DIGITAL CAMERAResonessence Labsの新製品は『HERUS+』である。発光しているロゴがボタンになっており、ここを押すことでデジタルフィルターの切り替えに対応。同社オリジナルのApodizingフィルターなど3種類のフィルターが選べる。小型ながらDSD5.6MHzにも対応する高性能モデルだ。

 

(文/ゴン川野)
ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

 

関連記事

AK70 MKII_09

デュアルDACになって戻って来たAstell&Kern『AK70 MKII』は『AK70』とここが違う!

2017年9月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

BOX

パイオニア ハイレゾを簡単に楽しめるスターターセットを発売

2017年6月27日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ