プレーヤー

2016年3月11日

【ポータブルオーディオLab】バランス接続対応のハイコスパモデル ONKYO『DP-X1』を試してみた!

Theme Tag

 / 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハイレゾプレーヤーのトレンドはバランス接続対応。もともとはプロオーディオでケーブルを長く引き回す時に伝送ノイズをキャンセルために生まれた手法だったが、ハイエンドオーディオで注目され、プリアンプに搭載、続いてDACに搭載された。キヤノンプラグと呼ばれる大型のXLR端子を使うため、ハイレゾプレーヤーに搭載するのは無理だろうと思われていたが、Astell&Kernが2.5mm4極端子を使ったバランス接続を提唱。その他の方式も数多く登場したが、イヤフォンやヘッドフォン、リケーブルの数などから見て、モバイル環境では2.5mm4極がスタンダードになりつつある。ハイコスパモデルでバランス接続に対応しているのは実勢価格5万9400円のLotoo『PAW5000』である。

そこに真っ向から勝負を挑んだのがONKYO『DP-X1』なのだ。PIONEER『XDP-100R』の兄弟モデルとしてデビュー。ESS「ESS9018K2M」をダブルで搭載した本格派で、ACG(Active Control GND)という機能を使ってバランス接続の音質をさらに向上させている。実勢価格約6万8500円である。PIONEER『SE-MHR5』と組み合わせれば10万円以下でモバイル環境でバランス接続が楽しめる。

関連記事

AK70 MKII_09

デュアルDACになって戻って来たAstell&Kern『AK70 MKII』は『AK70』とここが違う!

2017年9月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

BOX

パイオニア ハイレゾを簡単に楽しめるスターターセットを発売

2017年6月27日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ