DAC・ポータブルアンプ

2017年3月18日

【ポータブルオーディオLab】最新次世代DAC搭載! OPPO『Sonica DAC』は100万円の音がするのか!?

Theme Tag


卓越した解像度でハイレゾの魅力を満喫できる

いつも聴いているYuji Ohno & Lupintic Five with Friends「BUONO!! BUONO!!/THEME FROM LUPIN III 2015〜ITALIAN BLUE ver」(48kHz/24bit)を『Sonica DAC』とパワーアンプを接続してリファレンススピーカーApogee『Duetta Signature』で聴いた。一聴してわかるのは解像度の高さである。音の粒立ちを強調し過ぎないように分離のいい音を再生している。特に中低域の解像度が高く、しかも量感というか厚みがある。低価格のDACでは低域は出ないか、量感がある場合は解像度が低く音がダンゴになる場合が多いが、本機の場合はそうならずハイエンド的な表現ができる。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック/The Ways of the Force」(192kHz/24bit)を聴くと音数が多く、左右の広がり感も出る。これこそ最新DACと多くの人を納得させる音だ。

それではResonessence Labs『INVICTA MIRUS』と比較してみよう。こちらはパッシブボリューム経由でパワーアンプに接続している。シンプルな構成の手嶌葵「I Love Cinemas -Premium Edition-/Calling You」(96kHz/24bit)を聴くと、『Sonica DAC』は音がやや硬質であることがわかる。解像感を高めるために音の輪郭を立てているため、曲によっては女性ボーカルがなめらかではなくドライに聞こえるのだ。音場感に関しては奥行き方向の空間感、見晴らしの良さなどは『INVICTA MIRUS』に一日の長があると感じた。このモデルは100万円もしないので、拙宅の試聴結果では『Sonica DAC』を100万円クラスの音とは認定できないが、2017年の超オススメDACプリ&ネットワークプレーヤーであることは間違いない。iPhoneの音源も再生できるし、NASにも対応、プリアンプとしても使えるのは非常に便利。これ1台をあなたのシステムに加えると、最新ハイレゾ生活を満喫できるのだ!

 

奥行きはあるがデスクトップにも置けるサイズで、この多機能を詰め込んだのは凄い。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(文/ゴン川野)
ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】超ハイコスパなDDC/DAC iFi-Audio『nano iONE』の知られざる実力

2017年6月9日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【SHUREのDAC内蔵ケーブルも発売間近!】ハイエンドからLightning対応までますます多様化 春のヘッドフォン祭2017まとめ〜ヘッドホンアンプ/DAC編

2017年5月7日

hugo2_thmub

【ポータブルオーディオLab】いち早く聴いてみてわかった! CHORD『Hugo 2』の実力を引き出す3つ方法

2017年3月26日

H000_thmub

【ポータブルオーディオLab】驚愕の音場感と解像感 CHORDの最新モデル『Hugo 2』がかなりヤバイ!

2017年3月20日

Book

第30巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ