DAC・ポータブルアンプ

2016年6月5日

【ポータブルオーディオLab】5500円から始めるバランス駆動ヘッドホンアンプ入門〜製作編

Theme Tag

 / 

ハイレゾプレーヤーで流行の兆しを見せるバランス接続、ヘッドホンアンプではまだまだ高嶺の花と思っていたら、雑誌の付録にバランス駆動ヘッドホンアンプが付属するという。その実力のほどは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

本格的なバランス駆動への道

ちまたではバランス接続なのか、バランス駆動なのかが問題になっている。バランス接続だけでいいなら、ヘッドホンに接続する時にグランドを分離すればいいのだ。スピーカーを接続する場合、LRで4本のケーブルを使う。しかし、ヘッドホンの場合は3pin端子である。その理由はLRのグランドをまとめているからだ。ヘッドホンのケーブルは細い方が使いやすいから、グランドは共通でいいんじゃないという理由からまとめられたのだが、音質的には分離の方が望ましい。実はヘッドホンの中にはグランド分離方式を採用したモデルも存在する。例えばAKGはグランド分離なのでヘッドホン端子を4pinに交換するだけで、バランス接続対応に改造できるのだ。

 

それではバランス駆動とは何か? これはアンプ側の問題で、LRで分離したグランド側にホット側と逆相の信号を送り込んでドライバーを動かす方式なのだ。この方式のメリットは、もし信号にノイズが乗った場合、正相と逆相の信号が合計されたときにノイズだけが打ち消されるというノイズキャンセリング効果が得られることだ。そのために、録音現場やライブ会場でケーブルを長く引き回すプロ機器は、バランスケーブルを採用している。聴感上はS/N感がよく音場感に優れ、繊細な音が再生されるのだが、バランス駆動を実現するには、通常の2倍のアンプが必要になる。つまりステレオで4ch分のアンプを使うので、バランス駆動ヘッドホンアンプは大きく、重く、高価になる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】AVIOT ラズパイケース新デザインを参考出品 人気投票で製品化も

2017年7月18日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタ研2017夏レポート】ポータブルからデスクトップモデルまで ニッポンの夏は真空管アンプに注目!

2017年7月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタ研2017夏レポート】謎の組織、北鎌倉電子工作同好会も参加! ラズパイから規格外まで自作が熱い

2017年7月9日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】超ハイコスパなDDC/DAC iFi-Audio『nano iONE』の知られざる実力

2017年6月9日

Book

第34巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ