求む!ハイレゾ化

2017年6月20日

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】ジャンルを越えて人気のビル・エヴァンス ギターとのデュオアルバム

Theme Tag


求む!ハイレゾ課とは……まだハイレゾ化されていない名盤や私的に思い入れのあるアルバムを日々発掘し、1日でも早いハイレゾ化をレコード会社様に対して勝手にお願いするコーナーです。

求むハイレゾ化タイトルイラスト横長2

 

要望番号54:ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

 

今回のハイレゾ要望はみんな「待ってました」と納得してくれるのではないか。ビル・エヴァンスとジム・ホールによる『アンダーカレント』である。ピアノとギターのデュエットによるインタープレイの境地とされるアルバム。ジャズの定番レコードのひとつだ。

この『アンダーカレント』がいまだにハイレゾになっていないのが不思議である。SACDやその他の高音質盤にもなっていない。いったいどうしたことか。

シロウトとしては「マスターテープの状態に問題があるのか……」と推測してしまうが、長い間ハイレゾが出なくて同じように心配していたサイモン&ガーファンクルも、無事にハイレゾ化され,その音が非常に良かったので、結局そんな心配をしても仕方がないと思った。真実はわかりようがない。

それよりも『アンダーカレント』だ。これは1962年の作品。ベースのスコット・ラファロが在籍していたピアノ・トリオによる『ポートレイト・イン・ジャズ』(60年)や『ワルツ・フォー・デビイ』(61年)のあとに続くアルバムとなる。

僕がビル・エヴァンスを聴くようになったのは、友人に『ワルツ・フォー・デビイ』の「マイ・フーリッシュ・ハート」を聴かされたのがきっかけだ。出だしのピアノにゾクっときた。

『アンダーカレント』も続けて聴かせてもらった。こちらはピアノとギターのデュエットという、ちょっと変わった組み合わせだった。ここでも最初の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」でゾクっときた。ビル・エヴァンスとジム・ホールの驚異的なブレイにガツンときたのである。

当時はそれこそジャズ初心者だったので(今もたいして変わらない)、この原曲がバラードとは知らなかった。二人の演奏は元の曲をすごく解体していて、“凄み”さえ感じたほどである。『ワルツ・フォー・デビイ』がジャズへの入門盤としたら、『アンダーカレント』はジャズの奥座敷に誘うレコードだった。まさに一瞬でジャズ初心者にも“定番”になったのである。

今日ビル・エヴァンスはジャズというジャンルを越えて、広く音楽ファンに人気がある。CD、SACD、Blu-ray Audio、ハイレゾといった新しいソフトが登場すれば、必ずカタログの一画を埋めるほどだ。

それほどのビル・エヴァンスなのだから、ジャズの定番『アンダーカレント』もぜひハイレゾ化してほしい。

54ビル・エヴァンスアンダーカレント

 

文と絵 牧野 良幸(まきの よしゆき)
イラストレーター。1958年 愛知県岡崎市生まれ。
大学卒業後、81年に上京。版画家として活動しながら雑誌のイラスト、レコード・ジャケット、絵本の仕事などをおこなう。そのいっぽうで音楽やオーディオ好きのため、雑誌やWEBに音楽エッセイを執筆中。今までの音楽遍歴を綴った本として『僕の音盤青春記/1971-1976』『同/1977-1981』(音楽出版社)『オーディオ小僧の食いのこし』(共同通信社)。2015年には念願のビートルズ本として『僕のビートルズ音盤青春記 Part1/1962-1975』『同 Part2/1976-2015 』(音楽出版社)を上梓した。
■ホームページ「マッキーJP」http://mackie.jp

関連記事

68ビートルズ赤盤青盤_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】ビートルズ入門として、またハイレゾ入門としてもベストセラー間違いなし!

2017年9月26日

67オリビア・ニュートン=ジョン_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】今こそ甦らせたい! そっと胸のなかにしまっておいた“ポップス界のお姫様”

2017年9月19日

66バーンスタインのマーラー_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】限定盤アナログでも再発された希有の人気指揮者バーンスタインの名演を!

2017年9月12日

65バート・バカラック_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】作・編曲家、プロデューサー、そして歌手…“永遠のスタンダード”をハイレゾで

2017年9月5日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ