求む!ハイレゾ化

2017年3月28日

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】リベンジなるか!? 昔ピンとこなかった“ツイン・リードギター”をもう一度

Theme Tag


求む!ハイレゾ課とは……まだハイレゾ化されていない名盤や私的に思い入れのあるアルバムを日々発掘し、1日でも早いハイレゾ化をレコード会社様に対して勝手にお願いするコーナーです。

求むハイレゾ化タイトルイラスト横長2

 

要望番号42:ウィシュボーン・アッシュ『百眼の巨人アーガス』

 

今回のハイレゾ希望はイギリスのロックバンド、ウィッシュボーン・アッシュの『百眼の目アーガス』(1972年)である。ウィッシュボーン・アッシュはアンディ・パウエルとテッド・ターナー、2人のリードギターがいるところが特徴だった。そしていかにもブリティッシュ・ロックらしい叙情性のある音楽が魅力だ。

ここに告白するが、リードギターが2人、つまり“ツイン・リードギター”がどういうことなのか、恥ずかしながらウィッシュボーン・アッシュを初めて聴いた頃はピンとこなかった。何か難しいロック用語でも読んでいる気がしてしまったのである。高校一年生の時だ。

ビートルズならリードギターは1人でジョージ・ハリスン。ジョン・レノンはリズムギターだ。リードギターは曲の途中でソロをとり(聴かせどころだ)、リズムギターはソロを基本的にとることはなく、曲の間中ジャカジャカとギターを引き続ける。

大まかに言えばこれが通常のバンドスタイルである。それがウィッシュボーン・アッシュの場合は目立つリードギターが2人いるわけだ。バンドとして折り合いがつくのか心配になるが、もし折り合いがつくのなら聴くほうは断然おもしろい。そう気づいたのは二十歳を過ぎた頃だったか。

高校生の時に“ツイン・リードギター”に頭が回らなかったのは、僕がよく聴いていたのが『百眼の目アーガス』ではなく、そのあとの『ウィッシュボンーン・フォー』(1973年)だったことと関係があるかもしれない。『ウィッシュボンーン・フォー』はどちらかというと“ツイン・リードギター”を堪能するよりも、先に書いた叙情性のほうに重点がおかれていた気がする。

『百眼の目アーガス』はウィシュボーン・アッシュの代表作であると同時に『ロック名盤100選』というような本があれば、必ず取り上げられるであろう名盤だ。ジャケットもピンク・フロイドでおなじみのヒプノシスによる印象的なデザインである。

一方僕がよく聴いた『ウィッシュボーン・フォー』のほうは、なぜかあまり取り上げられない。ジャケット・デザインも同じヒプノシスなのに「感激した」という話を聞かない。実のところ僕はジャケット・デザインも音楽も『百眼の目アーガス』より『ウィッシュボーン・フォー』のほうが好きなのである。

しかし、さすがにこれではまずいなと自分でも承知しているので、『百眼の目アーガス』は中古レコードを買って聴いたこともある。でも僕の体調が悪かったのか(笑)、どうも『ウィッシュボーン・フォー』ほど染み込んでこなかった。僕の場合『百眼の目アーガス』はレコードを媒体とすると相性が悪いのかもしれない。

ということでオヤジが心眼を開いて『百眼の目アーガス』を聴くには、もうハイレゾしか残されていないと考える。そうしたら“ツイン・リードギター”が冴えて、その魅力も今度こそわかるかもしれない。ぜひハイレゾでリリースしてほしい。

もちろん『百眼の目アーガス』がハイレゾ化されるのなら、思い出深い『ウィッシュボンーン・フォー』も一緒にハイレゾ化してほしい。それからライヴ盤『ライヴ・デイト』(1973年)もお願いしたいところだ。『ライヴ・デイト』にいたっては中古レコードを見つけても、未だにレジに持っていけないでいる。これも理由はわからないが、レコードだと相性が悪いようである。

42ウィッシュボーン・アッシュ

 

文と絵 牧野 良幸(まきの よしゆき)
イラストレーター。1958年 愛知県岡崎市生まれ。
大学卒業後、81年に上京。版画家として活動しながら雑誌のイラスト、レコード・ジャケット、絵本の仕事などをおこなう。そのいっぽうで音楽やオーディオ好きのため、雑誌やWEBに音楽エッセイを執筆中。今までの音楽遍歴を綴った本として『僕の音盤青春記/1971-1976』『同/1977-1981』(音楽出版社)『オーディオ小僧の食いのこし』(共同通信社)。2015年には念願のビートルズ本として『僕のビートルズ音盤青春記 Part1/1962-1975』『同 Part2/1976-2015 』(音楽出版社)を上梓した。
■ホームページ「マッキーJP」http://mackie.jp

関連記事

67オリビア・ニュートン=ジョン_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】今こそ甦らせたい! そっと胸のなかにしまっておいた“ポップス界のお姫様”

2017年9月19日

66バーンスタインのマーラー_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】限定盤アナログでも再発された希有の人気指揮者バーンスタインの名演を!

2017年9月12日

65バート・バカラック_thmub

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】作・編曲家、プロデューサー、そして歌手…“永遠のスタンダード”をハイレゾで

2017年9月5日

64シティ夢語り_thumb

【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】キャロル・キング ソロ・デビュー前の“幻の名盤”

2017年8月29日

Book

第36巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ