高音質ハイレゾ名盤

2017年6月28日

ロックンロールの神様 最新にして最後の1枚

Theme Tag


Chuck新譜ジャケ写3000x3000

人生最後の輝きを放つ火花のようなギターは、これぞロック! 家族や友人の協力で完成した38年ぶりの新作。
チャック・ベリー『チャック~ロックンロールよ、永遠に。』

2017年3月18日、90歳でチャック・ベリーはこの世を去った。1979年以来、38年ぶりのオリジナル・アルバムをこの世に残して。

1926年10月18日、セントルイスはグッド・アヴェニュー2520番地にあった中流家庭に生まれた。子供のころからポール・ローレンス・ダンバーやラングストン・ヒューズの詩を読み、ハイスクール時代にギターを弾き始めた。18歳の時にトラブルを起こし、3年間を少年院で過ごした。そこでゴスペルを歌い、リードギターを弾いた。図書館で本を読み、作詞を学んだ。第2次世界大戦前後のことだ。少年院を出ると結婚し、シボレーの工場で働き始めた。

同時に音楽も続け、1953年にサー・ジョン・トリオに加入。セントルイスでライヴを始める。大げさなアクションと演奏力が受け、人気者となり、バンド・リーダーとなった。1955年にチェス・レコードと契約し、デビュー・シングル「メイベリーン」は大ヒット。ビル・ヘイリーと彼のコメッツが「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を全米No.1とし、ロックン・ロール/ロックの時代が幕開けする前に、チャック・ベリーはロックン・ロールを確立させていた。真の創始者のひとりなのだ。

彼ほど尊敬を集めたロックン・ローラーはいない。ザ・ビートルズはチャック・ベリーのレパートリーをカヴァーした。1966年の日本公演、記念すべきザ・ビートルズのオープニング・ナンバーは、チャック・ベリーの「ロックン・ロール・ミュージック」だった。ジョン・レノンは、ザ・ビートルズ解散後、チャック・ベリーと同じステージに立っている。キース・リチャーズはチャック・ベリーの映画を作った。あのザ・ローリング・ストーンズのキースでさえ、チャックの前では夢見るロックン・ロール少年のひとりとなった。

数々のヒット曲、名曲を持つチャック・ベリーだが、65年間立ち続けたステージを愛した。岩をも砕くようなフレーズが愛したギブソンES-350から鳴り出すと、そこはロックン・ロールの神が降臨する場だった。独特なステージ・アクション、ダック・ウォーク(アヒル歩き)も彼を特徴づけた。

チャック・ベリーは自らの終りを感じていたと思う。遺作となるこの新作には、2014年から取りかかった。場所はセントルイスにある自宅スタジオ。2015年には体調を崩し、レコーディングやツアーを禁止するように医者に言われるが、家族や友人の協力でアルバムは完成した。そう、これは家族のアルバムだ。チャックの息子、チャールズ・ベリーJr.、孫であるチャールズ・ベリー3世、チャックの娘であるイングリッド・ベリーがバックアップしている。

ロックン・ロールの神の最後の演奏に参加できたゲスト・ミュージシャンは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ナサニエル・ラトリフ、ゲイリー・クラーク・ジュニアなど。ミュージシャンとして最高の栄誉と幸運だろう。

トム・モレロの参加した、これぞロックン・ロール、これぞチャック・ベリーと言えるリード・シングル「ビッグ・ボーイズ」。SHM-CDよりハイレゾ音源の方が音場感が濃密だ。ギターやドラムスの空間への響き方がハイレゾ音源は優れている。代表作「ジョニー・B.グッド」のアンサー・ソングであり、対となる「レディー・B.グッド」の火花のようなチャック・ベリーのギターは彼の人生最後の輝きに思える。

ハイレゾ音源はよりニュアンスを精密に伝えてくる。これらのインプレッションは、大音量で大型スピーカーをハイエンド・オーディオで鳴らした時にわかることだ。だが、チャック・ベリーをより“らしく”聴くには、小型スピーカー、ぼくの使っている1970年代のスタジオ・モニター、オーラトーンのような機種でAMラジオを聴くように流す。すると彼のギターはより引き立つ。

 

 

(文/岩田由記夫)

東京生まれ。ピンクタンク代表取締役。音楽、オーディオ評論家、音楽プロデューサー、DJなど。6歳でエルビス・プレスリーの「ハートブレイクホテル」に影響を受ける。1970年になると講談社の記者を経て、週間プレイボーイ、FMレコパル、ミュージックライフなどに執筆。FM&AM局の制作プロデュースやDJ、そしてレコード会社の経営アドバイザーも務める。また1980年代に入るとFM東京、ラジオニッポン、NHKなどでDJとして活躍。さらにCDや映像の製作までこなす多彩ぶり。現在はbayfm「ミュージック・インシュランス」(オンエアー日/毎週日曜日、午後11時00分より)を担当。主な著書に「僕が出会った素晴らしきミュージシャンたち」「フォーク」などがある。

 

e-onkyo_logo

mora_logo

のページへ

 

関連記事

82429_2007-mlib_1500x1500_300dpi_RGB_100Q_thmub

最高の指揮者と楽団による贅沢な録音!

2017年7月21日

Print

時代を追い抜いていたB・ウィルソンの感性

2017年7月19日

WPZR-30757_thmub

レアな音源も多数収録した35曲入り豪華版

2017年7月12日

Print

ウインナ・ワルツの見事な「間」を体験!

2017年7月7日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ