高音質ハイレゾ名盤

高音質ハイレゾ名盤

クールビューティーの奏でるコンチェルト!

清々しく美しく、また躍動感たっぷりに、表情を刻々と変えて奏でられるバイオリン 『ベートーベン:バイオリン協奏曲ニ長調作品61』 ビクトリア・ムローバ(バイオリン)、サー・エリオット・ガーディナー指揮/…

2017年4月21日

高音質ハイレゾ名盤

第2期黄金時代を決定づけた10thアルバム

ゴリゴリのハードロックから多彩なサウンドへ、録音の質も新たな段階へと進化したアルバムエアロスミス『パンプ』 高校を卒業できないまま、いくつかのバンドを渡り歩いていたリード・ヴォーカリストのスティーヴン…

2017年4月19日

高音質ハイレゾ名盤

通称“ゆでめん”のファースト・アルバム

1970年代初期日本のアナログ録音技術の素晴らしさが伝わる1枚はっぴいえんど『はっぴいえんど』 現代の音楽ファンには想像しにくいだろうが、はっぴいえんどがこのファースト・アルバム『はっぴいえんど』(ジ…

2017年4月12日

高音質ハイレゾ名盤

清らかな世界が広がる59回グラミー受賞作!

静かに訴えかけるような歌と、それに寄り添うようなピアノの微妙なニュアンスを聴く 「シューマン:リーダークライス 作品39」ドロテア・レシュマン(ソプラノ)、内田光子(ピアノ) 現地時間2月12日、日本…

2017年4月7日

高音質ハイレゾ名盤

名曲「アリソン」収録のデビューアルバム

枠に収まりきらない“コステロ・ミュージック”をすでに確立。そのスタジオの気配が濃密に感じられる1枚。エルヴィス・コステロ『マイ・エイム・イズ・トゥルー』 20世紀UKの偉大なポップ・ソングライターとい…

2017年4月5日

高音質ハイレゾ名盤

“ハイレゾ時代の歌姫” 珠玉のバラッドベスト

ヴォーカルの温かみ、アコースティック・ギターの響きなど、“音色のコク”を味わいたい。SHANTI『SHANTI sings BALLDS』  SHANTI(シャンティ)は、本名をシャンティ・スナイダー…

2017年3月29日

高音質ハイレゾ名盤

彼女にしか作り得ないダークポップな音世界

  浮遊感と音の芯を両立させながら、暗闇でチロチロ燃える炎のようなヴォーカルを引き立たせる音響及び音場感。ラナ・デル・レイ『ウルトラヴァイオレンス』 2010年代にデビューした女性シンガー・ソングライ…

2017年3月22日

高音質ハイレゾ名盤

冬の日に静かな余韻に包まれる歌がある

恋の歌として親しまれてきた第5曲「菩提樹」を聴きながら、早くして亡くなった3人の若者に思いを馳せる。『シューベルト:歌曲集<冬の旅>D.911』ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(歌・バリトン)…

2017年3月17日

高音質ハイレゾ名盤

パンクの枠に止まらぬ音楽性を示した79年作

スタイルとしてのパンクではなく、アグレッシヴにロックを追求した彼ら。リアルな空気感、残響感を大音量で味わいたい!ザ・クラッシュ『ロンドン・コーリング』 1975年、1976~78年とイギリスへ行った。…

2017年3月15日

高音質ハイレゾ名盤

孤独と甘美が同居する現代版シティ・ポップ

変容する街と変容した人の心を巧みに捉えた土岐麻子の感性が、現代の都会を描き出す。土岐麻子『PINK』 EDMはオーディオ的にはおもしろくないと思う。一方でEDMだから成立する音楽もあるし、人間技でない…

2017年3月8日

1 2 3 10

Book

第26巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ