システム

2016年3月29日 [PR]

夢のような贅沢を無料で体験! Technicsの500万円超モデルで聴くハイレゾってどんな音?

Theme Tag


01_024

パナソニックセンターで究極のハイエンドモデルを聴こう!

音の仲間の憧れ、ハイエンドシステム! いつか聴きたいと思っても、その機会は滅多にない。オーディオ専門店のハイエンドコーナーに行くか試聴会に参加するか、はたまたハイエンドオーディオショウなどでメーカーや輸入代理店の試聴ブースを訪れるか。購入予定もないのにお店で聴くのは気がひけるのでイベントに参加と考える人が多いのか、オーディオショウの試聴会は超満員でうかうかしていると当日の整理券がなくなってしまい、会場まで足を運んだのに聴けなかったなんてこともある。もし朝から並んで試聴会に参加できても、左右のスピーカーのセンターで聴けるとは限らないし、持参した楽曲を再生してもらえるチャンスは少ない。

そんなあなたに耳寄りな情報がある。メーカーのリスニングルームを利用するのだ。販売店ではないので製品を売りつけられる心配はない。自社製品の音をアピールするのが主な目的である。そのために用意されたリスリングルームなので音の良さは折り紙付き。システムのセッティングやスピーカーケーブルなどのアクセサリーも吟味され、専門知識をもったアドバイザーがオーディオのソフトとハード面から詳しく説明してくれる。座る位置はもちろんスピーカーを結ぶ三角形の頂点の特等席。持参した音源も再生してもらえる。こんな夢のような贅沢が無料で体験できる。

今回、訪れたのは「パナソニックセンター東京」である。復活した同社のオーディオブランドTechnicsのハイエンドモデルが試聴できるリスニングルームが東京と大阪のパナソニックセンターにあるのだ。

試聴には予約が必要だが、これはパナソニックセンターのWebサイトからカンタンに行なえる。当日の電話予約でも空きがあれば対応してもらえるという。定員は1名から6名、1人で行ってもいいし、6名までのグループでも参加できる。試聴できるのは火曜日から日曜日の10時半から17時半までの各1時間(計4回)。試聴曲は当日いろいろな説明をしてくれる「Technics オーディオアドバイザー」が選んだハイレゾ音源だが、自分のCDも持ち込み可能だ。

関連記事

BOSE_SOUND TOUCH_thmub

Boseからワイヤレススピーカー『SoundTouch wireless music systems』シリーズが登場。SPOTIFYを快適に楽しめる連携機能も!

2016年11月3日

X-NFR7TX_thumb

オンキヨーがロングセラー「FR シリーズ」にハイレゾ対応モデルをラインアップ

2016年6月17日

techincs0421_thumb

2人の女性ピアニストが語るハイレゾ、そしてTechnics『OTTAVA』の魅力とは? ──木住野佳子×小川理子

2016年4月20日 [PR]

OTTAVA_thumb

気軽にハイレゾを楽しむために ── CDジャケットサイズのスピーカーが生み出す音楽空間 テクニクス『OTTAVA SC-C500』

2016年4月7日 [PR]

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ