スピーカー

2017年6月17日

【ポータブルオーディオLab】バックロードホーンは床にベタ置きが○ BearHorn『BW-1100』で低音生活

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

低音の量感を楽しむなら10cmはほしい!

バックロードホーンはハイスピードな低音が楽しめる。もし容積が同じ程度なら、量感はバスレフの方が出しやすい。バックロードは開口部は大きいがフワッと軽い低音なので、ある程度エンクロージャーのサイズが必要なのだ。そのバランスを考えると8cmがギリギリ、10cmから16cmがベストで、20cmになると高域の再生限界が心配になる。スーパーツイーターを足すという方法もあるが、シンプルにバックロードホーンを始めるなら10cmがオススメだ。サイズとキットの価格が手軽だからだ。BearHornの新製品『BW-1100』1万1400円(ペア/税込)は低価格でバックロードホーンの音を実感できるキットだ。1本当たり12枚の板材を使用、高さ50cm、幅14cm、奥行き22.5cmの仕上がり寸法となる。

組み合わせるユニットに、かんすぴシリーズのために作られたFOSTEX『P1000K』1944円(税込)×2を使えば、予算1万5288円で10cmバックロードホーンが完成する。それ以外にも『FE103En』、『FE105wk』などFOSTEXだけでも3種類のユニットが適合する。『P1000K』からスタートして、ユニットをアップグレードしていけば、確実に音質を向上できるわけだ。

 

今回試聴したユニットは10cmの代名詞『FE103En』である。明るい音色で輪郭がクッキリした音だ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】カスタマイズも楽しめる無垢板を使った小型スピーカー あの『ishida model』が我が家に到着!

2017年9月29日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラズパイとフルレンジスピーカーの祭典を徹底取材! 「ハイレゾパークvol.9」レポート〜スピーカー編

2017年9月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

00_FENDER_BT_SPEAKER_STUDIO_02_thmub

まるでギターアンプ! フェンダーからBluetoothスピーカー2モデルが登場

2017年7月20日

Book

第38巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ