スピーカー

2017年6月10日

【ポータブルオーディオLab】魅力は腹に響くような低音 DigiFi『DF19 Front Load Horn』を組み立てる

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アルティックA7を思わせるフロントロードホーン

私はホーンスピーカーが好きだ。と言えばバックロードホーンを意味するのだが、実は世の中にはフロントロードホーンも存在する。その代表格がALTEC LANSING A7である。アルティックが作った劇場用スピーカーで大音量再生のため、高域はコンプレッションドライバーとホーンの組み合わせ。低域は30cmまたは38cmウーハーを使い、能率を高めるためにウッドホーンが採用された。

ボイスオブシアターの愛称で親しまれ、1945年にA1から登場、1954年にA7が生まれ、最後はA10まで製品化された。劇場用なのでエンクロージャーが巨大で、おいそれとは手を出せない。カスタムイヤモニメーカーFitEarの代表取締役社長の須山氏はA7に惚れ込んで、リスニングルームで日夜、鳴らし込んでいるという。A7はオーディオマニアを魅了するオーラをいまも発し続けているのだ。

アパート住まいの私には本物のA7を鳴らすなど、到底無理なので、今回はDigiFi 19号の付録フルレンジスピーカーユニット用エンクロージャーキットを作ることにした。容積6Lで高さ32cm、幅17.9cm、奥行き18cm、重さ1.82kgとデスクトップ用としてはかなり大型である。価格は1万6200円(税込)。DigiFiは2015年の19号にオリジナルのオラソニック製8cmグラスファイバーコーンを使ったフルレンジスピーカーユニットを付録にしている。本機はそれを鳴らすためのエンクロージャーキットの3種類のうちの1つで、最も組み立て難易度が高いキットである。難易度が高いといっても板材はカット済みで木工用ボンドで貼り付けるだけなので、問題は精密に組み上げられるかどうかだけだ。木工用ボンド以外にハタ金は絶対に必要になる。板材は木口を45度にカットした部分がありここの貼り合わせが難しい。またMDF無塗装仕上げなので、ぜひともグレーに塗装したい。

関連記事

NW-A35HN_M10_L_Main_Blue_thmub

ハイレゾ対応ウォークマン、スピーカー「初音ミク10周年記念モデル」 期間限定および数量限定で販売

2017年6月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】バックロードホーンは床にベタ置きが○ BearHorn『BW-1100』で低音生活

2017年6月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】これだけで音質が向上!? 予算2500円で始めるバナナプラグ改造計画

2017年6月15日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】塗装不要で完成度抜群のバックロードホーン DigiFi『DF19 Buck Load Horn』

2017年6月11日

Book

第30巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ