スピーカー

2017年3月16日

【ポータブルオーディオLab】ストリーミング音楽配信サービス対応のワイヤレススピーカーDENON『HEOS』に注目

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Bluetooth&Wi-Fiに対応したワイヤレススピーカーHEOS by DENON

デノンは3月14日にAWAやSpotifyなどの定額制ストリーミング音楽配信サービスに対応したワイヤレスオーディオシステム「HEOS by DENON」を発表した。ネットワークスピーカー『HEOS3』実勢価格約3万3000円、小型2Way『HEOS1』実勢価格約2万5000円、ワイヤレスプリアンプ『HEOS Link』実勢価格約3万7000円、専用バッテリーパック『HEOS1 Go Pack』実勢価格約1万円の4製品を発売。専用アプリをスマホにインストールすることで、PCレスでストリーミングサービスの楽曲やスマホに保存した音楽データをワイヤレスで再生できる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

順調に成長を続けるワイヤレススピーカー市場

国内最大のオーディオ市場であるヘッドホンに続く、Bluetoothを中心としたワイヤレススピーカー市場は年平均10.8%の成長を続けている。「HEOS」はBluetooth以外にも、無線LANと有線LANに対応して、音楽再生時にスマホが着信しても問題ないこと、複数のスピーカーをまとめてコントロールできること、プレイリストが共有できるなどのメリットをアピールした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日本にも浸透する定額制ストリーミング音楽配信サービス

音楽ソフトが右肩下がりに販売数を減らしているのに対して、着うたやダウンロードミュージックの割合が増え、さらにサブスク(Subscription)と呼ばれる定額制ストリーミング音楽配信サービスが日本にも上陸。5月のアップデートで対応が予定されている「AWA」の取締役・プロデューサーの小野哲太郎氏によれば、2015年のサービス開始から1200万ダウンロードを達成。3000万曲を超える楽曲から、800万を超えるプレイリストがユーザーによって作られ、これを活用して新たな音楽との出会いが生まれるとのこと。HEOSがハイレゾ対応しているので、近い将来、具体的には2018年から2019年にはハイレゾ配信が行なえるように積極的に環境を整えたいと語った。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

00_FENDER_BT_SPEAKER_STUDIO_02_thmub

まるでギターアンプ! フェンダーからBluetoothスピーカー2モデルが登場

2017年7月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】コイル+コンデンサーでネットワークを完成させる 音工房Z『Solen 18AWG空芯コイル 0.43mH』

2017年7月8日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】フロントロードホーンにマッチしたN2 Factory『NB-2』にユニットを収める

2017年7月7日

Book

第34巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ