スピーカー

2016年10月24日

【ポータブルオーディオLab】8cmフルレンジ×2発で低音倍増作戦! BearHorn『ASB832Sol』を組み立てる

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

フルレンジは大口径がいいとは限らない

バックロードホーンスピーカーを作ろうと思った時、部屋に置けるサイズの中で、最も大口径ユニットを選びたくなるのがオーディオマニアの性である。もちろんウーハーなら大口径38cmがいいに決まっているのだが、フルレンジの場合は話が違ってくる。なぜなら、高域の再生限界を伸ばすには小口径の方が有利だからだ。低域を出すなら大口径、そのバランスのいいとこ取りしたのがロクハンと呼ばれる16cmフルレンジなのだ。限界は20cmで、これより大きくするにはコアキャシャル型の出番になる。それでは小さい方はと言えば、6cmが限界で、よく使われるのは8cmである。

例えば口径20cmのFOSTEX『FE206En』の高域の再生限界は20kHzである。これに対して8cmの『FE83-Sol』は40kHzまで伸びているのだ。低音を取るか、高音を取るか、それが問題だ。ということで生まれた解決策が小口径ユニットを2発使う方法。振動板の面積が2倍になって低音の量感を確保、高音の再生限界はそのままなのだ。さらに大口径の振動板を動かすよりも、アンプでドライブしやすくタイトでスピード感がある低音が得られる。まさにいいことだらけに思えるが、ユニットが2本になることで位相特性が乱れるため音場感への悪影響が心配。低域の再生限界は下がらず、大口径よりも最低域が伸びないのではという懸念もある。

そこで、FOSTEXから限定発売された『FE103-Sol』の8cmバージョンである『FE83-Sol』を2発使ったバックロードホーンキットBearHorn『ASB832Sol』を組み立てて8cm×2発の音を聴いてみよう!

関連記事

NW-A35HN_M10_L_Main_Blue_thmub

ハイレゾ対応ウォークマン、スピーカー「初音ミク10周年記念モデル」 期間限定および数量限定で販売

2017年6月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】バックロードホーンは床にベタ置きが○ BearHorn『BW-1100』で低音生活

2017年6月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】これだけで音質が向上!? 予算2500円で始めるバナナプラグ改造計画

2017年6月15日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】塗装不要で完成度抜群のバックロードホーン DigiFi『DF19 Buck Load Horn』

2017年6月11日

Book

第30巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ