スピーカー

2016年4月8日

【ポータブルオーディオLab】8200円のフルレンジ一発でハイレゾを満喫! FOSTEX『かんすぴ Type1.10cmセット』

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スピーカーはフルレンジに始まりフルレンジに終わる

デスクトップシステムを構築する上で音の支配力が強いのがスピーカーである。最もシンプルなのはフルレンジ一発を指定箱に入れるスタイル。フルレンジの理想の口径は6.5インチ、通称ロクハン、分かりやすく書くと16cmである。ちなみに拙宅にも三菱DIATONE『P610』の新品同様が1ペアある。これを指定箱に入れようとすると密閉だと60L、バスレフでも40Lとかなり大きくなってしまう。

まあ『P610』が単体で販売されたのは1960年である。現在はもっと小口径で優れたユニットがある。それでも振動板を小さくしすぎると低音が出なくなる理屈は昔と変わらない。フルレンジというのは高域も低域も1つのユニットで出そうという妥協の産物である。本来、高域は小口径、低域は大口径の振動板が適しているためマルチWayが生まれたわけである。しかし、フルレンジにはメリットもあってマルチと違ってチャンネルディバイダーやディバイディングネットワークが不要になるため位相特性に優れ、さらに音源が点音源に近付くので音像定位の面でも有利だ。とりまめるとハイレゾ音源の聞きどころの一つである音場感の再生が得意なのだ。

デスクトップシステムに加えるためスピーカーはどんどん小型化され、現在は2Wayバスレフで低能率、ロングストロークで低音を出そうというタイプが主流である。これに小型軽量のクラスDアンプを組み合わせてガンガン鳴らす。大音量で低音も出るので店頭効果も抜群だ。アクティブスピーカーも重低音路線である。ここであえて私がオススメするのが、高能率ショートストローク、箱は薄くてちょっと大きめのフルレンジスピーカーFOSTEX『かんすぴ Type1.10cmセット』である。「かんすぴ」とは誰でもカンタンに出来るスピーカーシリーズで、実はキットである。サイズは幅121×高さ243×奥行き179mm、約1.15kgである。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フルレンジでオススメなのが10cm〜16cmユニット。8cmとか6.5cmも使ったことがあるが小さすぎて低音再生が難しい。デスクトップにも置ける10cmユニットが低音と高音のバランスがいい。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

2017年7月22日

00_FENDER_BT_SPEAKER_STUDIO_02_thmub

まるでギターアンプ! フェンダーからBluetoothスピーカー2モデルが登場

2017年7月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】コイル+コンデンサーでネットワークを完成させる 音工房Z『Solen 18AWG空芯コイル 0.43mH』

2017年7月8日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】フロントロードホーンにマッチしたN2 Factory『NB-2』にユニットを収める

2017年7月7日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ