プレーヤー/DAC

2017年5月25日

【ポータブルオーディオLab】高音質でデザインも優れモノ ラズパイ3に真打ち登場か!?

Theme Tag

 / 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

RATOC AudioLabからラズパイ内蔵トランスポートが登場する

海外にはラズパイの基板を組み込んだ製品を出しているオーディオメーカーが既に存在する。そして、日本からもラズパイを使ったネットワークオーディオトランスポート『RAL-NWT01』が6月上旬から7万2000円で発売予定なのだ。中に入っているのは我々にお馴染みのラズパイ3ではなく、機器組み込み用の「Raspberry Pi Compute Module 3」と呼ばれる基板で、このままでは使えないのでラトックがオリジナルのマザーボードを作り、これを専用ケースに収めている。

特徴としては、金属ケースに基板を組み込むことで、外来ノイズや不要放射などのノイズを抑えて音質向上が狙えること。フロントパネルに起動/終了ボタン搭載、リアパネルの端子から専用電源による給電を実現。Volumio2プリインストール済みのmicroSDカードを挿入済み。これを使えばオーディオ用とは思えないラズパイ用ケースを使わず、スッキリした外見と配線がデスクトップで実現できるのだ。

 

ラズパイがオーディオ機器感覚で使える

使ってみないとわからないのだが、ラズパイ3は電源用のmicroUSB端子が長辺にあり、HDMI端子とイヤホン端子と並んでいる。短辺には動作確認用LEDがあり、逆側にUSB端子とLAN端子がある。使う時はどの向きで置くのかに悩む。拡張端子を乗せると、さらに端子の方向が揃わなくなり、ますます混乱してしまう。本機はフロントにUSB2ポート、リアにUSB2ポートと分かれており、入力用と出力用として自由に使えるので非常に便利だ。さらにLAN、HDMI、OSアップデート用の端子、OS用のmicroSDカードスロット、電源端子はリアにまとめられている。これはオーディオ機器なら、当たり前の事なのだが、ホッとする。ラズパイ基板は完全にシールドされており外からは見えないが、フロントのLED表示で動作を確認できる。フロントパネルはアルミのヘアライン仕上げで文字もしっかり入っているため、どこから見ても普通のコンポである。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【RaspberryPie 3入門〜DACボード編】高性能ESS/ES9028Q2M搭載のラズパイ用DACボード DigiFi『DF5X』

2017年9月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラズパイとフルレンジスピーカーの祭典を徹底取材! 「ハイレゾパークvol.9」レポート〜ラズパイ編

2017年9月4日

products01_zoom_thmub

パイオニアから384kHz/32bit対応ツインDAC&フルバランス回路搭載のネットワークオーディオプレーヤー

2017年6月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Raspberry Pi 3入門〜】アクリルとアルミでは音が違う!? ラズパイ3 ケース対決

2017年6月1日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ