プレーヤー/DAC

2017年4月29日

【Raspberry Pi 3入門〜S/PDIF出力編】ラズパイで使えるDACが増える! I2S接続を使った同軸デジタル出力

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

USBでなく同軸デジタル出力を使いたい!

ラズパイのメリットの一つにUSBよりも音質的に有利なI2S接続ができること。専用のボードを使えばHDMI端子を使ってI2S信号を出力できる。しかし、受けられるDACが極端に少ないのが問題だ。そこで次善の策として、I2S接続のオンボードを使って同軸または光端子からS/PDIF信号を出力する。これなら、同じデジタル信号でもUSBよりは音が良くなるはずだ。最近のUSB/DACなら、同軸も光入力も対応しているはずなので対応DACもたくさんある。ちょっと古めのDACにはUSB入力がないが、その場合は同軸と光が役に立つ。さらにDigiFi No.16のDACにも直接接続できるのためシステムをシンプルに組める。

購入したのはHiFiBerry『DIGI+』との互換ボードでeBayで1547円だった。使い方はカンタンでボードを端子に差し込んだらプレイバックオプションのオーディオ出力のI2S DACをONにして、出力デバイスリストから「JustBoom Digital Boards」を選択して、保存。そして再起動すれば準備完了である。

 

S/PDIF出力用に使われているのはWM8804G、右に見えるのは27MHzのクロック。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

products01_zoom_thmub

パイオニアから384kHz/32bit対応ツインDAC&フルバランス回路搭載のネットワークオーディオプレーヤー

2017年6月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Raspberry Pi 3入門〜】アクリルとアルミでは音が違う!? ラズパイ3 ケース対決

2017年6月1日

NR1608_release_thmub

マランツがDACなどを刷新したスリムデザインのAVレシーバー『NR1608』を発売

2017年5月30日

M001_thmub

【Raspberry Pi 3入門〜アプリ編】多機能で57種類の拡張ボード対応 MoOde Player 3.6を使ってみる

2017年5月29日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ