プレーヤー/DAC

2017年4月24日

【Raspberry Pi 3入門〜バイアンプ編】効果絶大! ラズパイの性能を引き出すパワーアンプ2台使い

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オリーブグリーンの憎い奴

前回はコンパクトなDigiFiのシステムを使ってデスクトップシステムを構成したが、セパレートにこだわったため配線を含めかなりややこしいことになった。そこで今回はもっとシンプルにさらに高音質を目指してみたい。まず、DACに関してはDDC+DACを一体で収納できるケースに収めた。残念ながら販売終了なのだが、取材用にオーダーメイドケースを作っている奥澤から借用したもの使用。パワーアンプは、バイアンプ対応とのことなので、2台のアンプが収まる奥澤のケースに入れた。こちらは限定販売のオーリブだが、好評に付き『SCWV1717vol,7』(5500円税込)として再販売されている。

さて、ハイエンドオーディオでよく使われるアンプの形式がモノラルパワーアンプだ。LRを完全に独立させて完璧なセパレーションとパワーを確保する方式。わざわざセパレート化するため電源部の巨大なアンプになる場合が多く、狭い部屋にはとても置けない。DigiFi No.17付録のパワーアンプは基本ステレオ構成なのだがジャンパプラグの差し替えによりバイアンプになる。DigiFi方式はバイアンプにするとステレオがモノラルになってLRのスピーカー端子の両方からLchの音が出る。もう片方のアンプからはLRからRchの音が出る。そこでバイワイヤリング仕様のスピーカーのハイとローに接続。これでバイアンプが完成する。拙宅にはバイワイヤリングで使えるスピーカーがなかったので、ステレオパワーアンプのままにして、左右のアンプの片chだけを接続するという方法で試聴した。

 

もともとはDigiFiのイベントで限定販売したケース。パワーアンプ用以外にヘッドホンアンプ用などもあるので要チェック。カーキ色がクールなのだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【RaspberryPie 3入門〜DACボード編】高性能ESS/ES9028Q2M搭載のラズパイ用DACボード DigiFi『DF5X』

2017年9月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラズパイとフルレンジスピーカーの祭典を徹底取材! 「ハイレゾパークvol.9」レポート〜ラズパイ編

2017年9月4日

products01_zoom_thmub

パイオニアから384kHz/32bit対応ツインDAC&フルバランス回路搭載のネットワークオーディオプレーヤー

2017年6月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Raspberry Pi 3入門〜】アクリルとアルミでは音が違う!? ラズパイ3 ケース対決

2017年6月1日

Book

第36巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ