プレーヤー/DAC

2017年4月15日

【Raspberry Pi 3入門〜DACボード編】ラズパイ3+DACボードでミニマム音楽生活

Theme Tag


I2S接続の音は鮮明で透明感があった

Volumio2はI2S出力対応である。設定メニューのプライバックオプションからI2S DACをOnにすると下にDAC Modelの候補が表示される。ここからHifiberry DAC Plusを選択して、再起動をかければ準備完了。あっけないほどカンタンである。その音は今まで再生していたUSB/DACよりも明らかに鮮明で見晴らしのいいものだ。小型ブックシェルフスピーカーではもったいないのでパッシブアッテネータ経由でリファレンスシステムを鳴らしている。外付けDACの方が音がいいだろうという予想を裏切って、ラズパイ3から電源供給されている裸のDACボードのライン出力の方が音が鮮明で情報量も多くなった。これは予想外の結果だ。やはりDACは近距離でI2S接続がいいのだろうか。これはもっと高音質なDACボードを手に入れて、その音を聴いてみたいものだ。次回は外付けのDACとアンプを加えてデスクトップシステムの構築を試みる。

 

プレイバックオプションのオーディオ出力のI2S DACをOnにするとDAC Modelの選択画面が現われるのでHifiberry DAC Plusを選択する。
S010

 

保存を押すとシステムの再起動をうながされるので、迷わず再起動する。
S011

関連記事

products01_zoom_thmub

パイオニアから384kHz/32bit対応ツインDAC&フルバランス回路搭載のネットワークオーディオプレーヤー

2017年6月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Raspberry Pi 3入門〜】アクリルとアルミでは音が違う!? ラズパイ3 ケース対決

2017年6月1日

NR1608_release_thmub

マランツがDACなどを刷新したスリムデザインのAVレシーバー『NR1608』を発売

2017年5月30日

M001_thmub

【Raspberry Pi 3入門〜アプリ編】多機能で57種類の拡張ボード対応 MoOde Player 3.6を使ってみる

2017年5月29日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ