プレーヤー/DAC

2017年4月14日

【Raspberry Pi 3入門〜実践編】ラズパイの見た目を100%オーディオ機器にするアルミケースを発見!

Theme Tag


Volumio2で音楽を管理、再生しよう!

書き込みが終わったmicroSDカードをラズパイ3に挿入して、前面にあるmicroUSB端子にACアダプタを接続、アダプタをコンセントに差し込むとパイロットランプが点灯する。ハイレゾデータが入ったUSBメモリを差し込む、4つあるUSB端子のどこに差し込んでもいい。最後にUSB端子を使ってUSB/DACと接続する。Volumio2を操作する方法は大きく4つある。

  1. スマホかタブレットでWi-Fi接続
  2. ノートPCかPCでWi-Fi接続
  3. タッチパネルを接続して操作
  4. モニターとキーボードとマウスを接続して操作

つまり普通のPCと同じようにも使えるのだが、今回は最もシンプルなWi-Fiを使う。スマホの場合が最もカンタンで、Wi-Fi設定画面でVolumioを選択して、パスワードにvolumio2と入力すると自動的に操作画面が表示される。PCの場合は接続までは同じで、自分でSafariやChromeなどのWebブラウザを立ち上げて、volumio.localと入力すれば操作画面が表示されるのだ。その後、必要な設定はこれだけだ。

  1. 右上の歯車アイコンの設定メニューからAPPEARANCEを選択してLanguageから日本語を選択
  2. マイミュージックに移動して再スキャンをクリック
  3. オーディオ出力で接続したUSB/DACが選択されていることを確認
  4. 音量オプションでMixer TypeをNoneにする
  5. 一覧表示でUSBを選択して開く
  6. 再生したい音楽フォルダまたは音楽データの右端をクリック
  7. 開いたメニューから再生をクリック
  8. プレイバック画面に移動すると再生画面になる

1〜5までは1度だけ行なえば、次回から必要なくなる。操作方法はポータブル音楽プレーヤーとほとんど変わらない。プレイリストにも対応、一覧表示でアーティスト、アルバム、ジャンル別表示などにも対応している。アートワーク表示にも対応しているが、Webサイトのデータベースにアクセスしてアルバム画像を表示させるには別のアプリとの連携が必要になる。アートワークが表示されなくても「気にするな」と言いたい。音量の調整もできるがデジタルボリュームなのでビット落ちしてしまい音質が劣化するため、これは無効にしてDAC以降で音量調整する。

これで遂にハイレゾ再生を実現、その音はMac miniをUSB接続した場合と、遜色ない。というかラズパイ3の方がいいのではと思わせることもあった。スマホから操作すれば、完全にPCレスでハイレゾ音源が楽しめる。これは抜群にハイコスパなミュージックサーバの登場と言える。

 

ブラウザを起動してvolumio.localとURLを入力する。右上の設定メニューのAPPEARANCEから、まず日本語化する。
T019

 

設定メニューの一番上にあるマイミュージックから、再スキャンすると音楽データが認識される。
T020

 

プレイバックオプションで接続したDACが選択されていることを確認、その下のI2S DACはOffにする。
T021

 

音量オプションでMixer TypeをNoneを選択して保存する。
T022

関連記事

products01_zoom_thmub

パイオニアから384kHz/32bit対応ツインDAC&フルバランス回路搭載のネットワークオーディオプレーヤー

2017年6月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【Raspberry Pi 3入門〜】アクリルとアルミでは音が違う!? ラズパイ3 ケース対決

2017年6月1日

NR1608_release_thmub

マランツがDACなどを刷新したスリムデザインのAVレシーバー『NR1608』を発売

2017年5月30日

M001_thmub

【Raspberry Pi 3入門〜アプリ編】多機能で57種類の拡張ボード対応 MoOde Player 3.6を使ってみる

2017年5月29日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ