アンプ

プレーヤー/DAC

2017年1月23日

ティアック 新フラッグシップライン「Reference7」のハイレゾ対応ネットワークCDレシーバー『NR-7CD』を発売

Theme Tag


111

ティアックは2016年4月に新企業理念と新タグライン「Recording Tomorrow」を発表。「新生ティアック」として新たな歴史をスタートさせた。そこで、今回、「NEW VINTAGE」をキーワードに、ティアックの新しいフラッグシップラインとして「Reference7」シリーズを開発。同社がこれまでハイエンドオーディオや、プロオーディオ機器の開発で培ってきたハイレゾ再生のノウハウを、ネットワークCDプリメインアンプというカタチに昇華させた『NR-7CD』を1月下旬より発売する。

『NR-7CD』はReferenceの名にふさわしく、まず、最大DSD5.6MHz、PCM192kHz/24bitまでの多彩なフォーマットのハイレゾファイル再生が可能。ギャップレス再生やオンデバイス・プレイリストに対応しており、シームレスなハイレゾ・リスニングを楽しめる。さらに『NR-7CD』に最適化された専用アプリを使用することで、直感的で快適な選曲操作を実現する。

そして独自のアップコンバート回路「RDOT-NEO」により、BluetoothやCDをはじめとする、すべてのPCM音源を最大DSD12.2MHz、PCM384kHzまでにアップコンバート。44.1kHz/16bitのCDフォーマットもハイレゾクオリティにアップコンバートすることで、限りなくアナログに近い滑らかな波形に補間して再生していく。

プリメインアンプ部には、定評のあるICEpower製Class-Dステレオパワーアンプ50ASX2をBTL構成でL/Rchごとに搭載し、140W+140W(4Ω)の最大出力を実現。ワイドバンドで、リニアリティの高い音楽再生を体感できるはずだ。回路l構成ではD/Aコンバーターからプリアンプさらにパワーアンプまで、L/Rchそれぞれの基板をシンメトリーに配置したデュアルモノ回路構成を採用。L/Rch相互の干渉を徹底的に低減させることで、チャンネルセパレーションを向上させた。さらに、全段でフルバランス伝送を行なうことで、信号経路でのノイズの影響を受けにくくし、リアリティのある音場と静寂の表現力を獲得している。

ハイレゾ音源の伝送が可能なLDACの他、aptX、AAC、SBCコーデックにも対応したBluetoothレシーバーを搭載。対応する機器を使用して、高音質なワイヤレスリスニングを楽しめる。

slider08

 

slider07

 

本体外形寸法は幅442×高さ152×奥行き345mm(突起部含む)、約13.4kg。定格出力は70W + 70W (JEITA 0.07% 1kHz 8Ω)。周波数特性は5Hz~100kHz +1/-3dB。対応ディスクはCD、CD-R、CD-RW (12cm, 8cm)。対応ファイルフォーマットはDSD :DSF、DSDIFF(DFF)、PCM :FLAC、Apple Lossless(ALAC)、WAV、AIFF、圧縮オーディオ:MP3、AAC(m4a コンテナ)。価格はオープン価格。

 

■製品情報
https://teac.jp/jp/special/nr-7cd

関連記事

TEAC_B000_thmub

【ポータブルオーディオLab】全部入りのDAC内蔵プリメインアンプTEAC『AI-503』で始めるハイレゾ生活

2017年3月27日

techincs_thmub

走る試聴室サウンドトレーラーで全国にアピール! Technicsが『SU-G700』『SB-G90』を発表

2017年3月25日

SU-G30_thmub

LAPC機能でどんなスピーカーでもその実力を100%引き出すネットワークオーディオアンプTechnics『SU-G30』を試してみた!

2016年11月14日 [PR]

teac_thmub

【ティアック新製品発表会】見た、聴いた、触った! ネットワークオーディオハイエンドモデル『NR-7CD』の期待度は?

2016年10月22日

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ