アンプ

プレーヤー/DAC

2016年10月22日

【ティアック新製品発表会】見た、聴いた、触った! ネットワークオーディオハイエンドモデル『NR-7CD』の期待度は?

Theme Tag


T001

 

Referenceシリーズのハイエンドが登場!

100人全員が満足する製品ではなく、その中の10人を満足させるこだわりの製品作りを目指す、新生TEACがNewVintageをコンセプトに開発した製品を発表した。NewVintageとは63年の歴史を持つTEACブランドが引き継いできた、創業者の谷勝馬氏の掲げた物作りの精神と高い技術力を活かして、新たな音楽を楽しむためのライフスタイルを提案することだという。

今回、発表された2つの製品は、ビンテージデザインに最新機能を搭載したネットワークオーディオハイエンドモデルの『NR-7CD』、デジカメで言えばOLYMPUS『OM-D』シリーズのようなイメージだ。それとライフスタイルに合わせて布製フロントグリルのデザインが変えられるハイレゾネットワークオーディオシステム『WS-A70』である。

TEAC製品の愛用者で、TEACブランドに憧れていたというオーディオ界の巨人、麻倉怜士さんが登場して、かつてのTEAC製品について語り、現在の製品ラインナップに欠けているのはメディア一体型プリメインアンプだと指摘。ヨーロッパでは大評判なのに日本のメーカーはほとんど作っていないという。TEACはハイエンドブランドのエソテリックの音を活かし、プロ用ブランドTASCAMの技術と信頼性を受け継いだ製品を作ってほしいと檄を飛ばした。

 

電子立国日本を思わせる同社の歴史を紹介する画像が大スクリーンに映し出された。当時から性能とデザインを追求する企業で、木を見て森を見ずではなく、森を見るな木を見ろの精神で細部にこだわった。
T002

 

NewVintageから生まれた2つの製品が紹介された。A3サイズのネットワーク対応CDプリメインアンプと、一体型のスピーカー内蔵ハイレゾ再生システムである。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

TEAC『NR-7CD』は同社が得意とするデュアルモノ回路構造でLRの信号を徹底的に分離してICEpowerのクラスDスレテオパワーアンプを搭載。BTL構成で140W+140Wを実現。予想実勢価格約42万円で2017年1月下旬発売予定。
T004

 

関連記事

TEAC_B000_thmub

【ポータブルオーディオLab】全部入りのDAC内蔵プリメインアンプTEAC『AI-503』で始めるハイレゾ生活

2017年3月27日

techincs_thmub

走る試聴室サウンドトレーラーで全国にアピール! Technicsが『SU-G700』『SB-G90』を発表

2017年3月25日

111_thmub

ティアック 新フラッグシップライン「Reference7」のハイレゾ対応ネットワークCDレシーバー『NR-7CD』を発売

2017年1月23日

SU-G30_thmub

LAPC機能でどんなスピーカーでもその実力を100%引き出すネットワークオーディオアンプTechnics『SU-G30』を試してみた!

2016年11月14日 [PR]

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ