ハイレゾオーディオ

2017年9月30日

あなたの知らない最新ハイエンドの世界 2017東京インターナショナルオーディオショウレポート

Theme Tag


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ハイエンドの価格は言わぬが花

9月29日から30日、1日の3日間に渡り「2017東京インターナショナルオーディオショウ」が有楽町の東京国際フォーラムで開催中である。内外合わせて190を超えるブランドが集結するこのイベントで、今回はハイエンドの魅力に迫ってみよう。

みなさんは、オーディオ製品の性能や音質が価格に比例して上昇すると思われるだろうが、私の実感では2次関数のグラフのようにある価格までは急激に音がよくなり、頂点に近付くほど、そのカーブはゆるやかになっていく。つまりコスパが悪くなるのだ。わずかな変化に大金を投じる。それがハイエンドの世界である。通常は金に糸目をつけない人が購入するため、ハイエンドモデルのカタログには価格が表示されていない。庶民を驚かせないという配慮からかもしれない。必要な人には別途価格表が用意されており、34,000,000円などいう数字が小さな文字で印刷されている。さらに一番上のモデルの欄には、価格はお問い合わせください、とある。これはなかなか敷居が高い……

まあ実際は輸入モデルのため為替相場で価格が変動するため、カタログを刷り直すのが大変なので価格表だけ別途印刷するのだ。ハイエンドモデルの価格がつまびらかにされないのは、受注生産で仕様によって価格が変わるので、細部まで相談しないと価格が決まらないからである。それでもハイエンド製品のショールームは敷居が高く思えるのは確かだ。インターナショナルオーディオショウであれば、扉を開くだけで憧れの製品が展示されたり、鳴らされている。こんな機会は滅多にないので、ひやかしに、ではなく体験しに行こう!

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】カスタマイズも楽しめる無垢板を使った小型スピーカー あの『ishida model』が我が家に到着!

2017年9月29日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】ビーム管の代表選手KT88が使える真空管アンプキットELEKIT『TU-8200』で球転がし

2017年9月28日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【RaspberryPie 3入門〜DACボード編】高性能ESS/ES9028Q2M搭載のラズパイ用DACボード DigiFi『DF5X』

2017年9月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】10万円クラスの音を実現した小型アッテネータ N2 Factory『NM-26.2』

2017年9月11日

Book

第38巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ