スマホでハイレゾ

プレーヤー

2017年1月29日

オンキヨー&パイオニアイノベーションズがハイレゾ対応スマホ『GRANBEAT DP-CMX1』をリリース

Theme Tag


01-21a

 

1月26日、オンキヨー&パイオニアイノベーションズがハイレゾオーディオ対応のスマートフォン『GRANBEAT DP-CMX1』をリリース。東京・表参道で新製品発表会『”GRANBEAT” LAUNCH EVENT』を開催した。

イベントで発表された『GRANBEAT DP-CMX1』は、同社のポータブルオーディオプレーヤーである『DP-X1A』をベースとして開発されたスマホ。本体にDACとアンプを搭載したオーディオ専用基板を内蔵し、ハイレゾオーディオを再生に対応するなど、いわばハイエンドなポータブルオーディオプレイヤーにスマホとしての機能を追加したといったスタイルの製品だ。

オーディオ専用基板に、スマホの通信機能により発生するノイズに対するシールド力を高めた高周波技術などを備え、フルバランス回路設計を採用するなど、ノイズを極力カットし、ハイレゾオーディオの繊細なサウンドを原音そのままに再現する。

イベントの冒頭で登壇したオンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社代表取締役・宮城謙二氏は、従来のスマートフォンに対して「利便性を追求するあまり音質と利便性がトレードオフの関係になってしまった」と語り、『GRANBEAT DP-CMX1』の“こだわり”をアピールしていた。

 

03_GB_Front

“スマートフォン史上 最高の音質”をコンセプトに開発された『GRANBEAT DP-CMX1』。ESS社製のDAC『ES9018C2M』とAMP『SABRE 9601K』を2基ずつ搭載し、ピュアなサウンドを再現。

04_GB_Top

ヘッドホン端子は、3.5mmのアンバランス端子に加え、2.5mm4pinバランス端子を装備。3.5mmの端子は、マイクリモコンにも対応している。

対応するオーディオ形式はDSDやFLACはもちろん、MP3やAACなどの一般的な形式にも対応。これまでに保存した楽曲も、より高品位な状態で聴ける。Bluetoothは“aptX HD”に対応しており、ワイヤレス環境でもハイレゾオーディオ(48KHz/24bit)を試聴できるのもうれしいポイントだ。

一方のスマホとしての仕様では、2基のSIMカードスロット(nano SIM)を備えたほか、内臓ストレージは128GBを搭載。加えて、4K動画撮影に対応した1600万画像のカメラやフルHD表示の5インチ液晶(IPS)を採用するなど、SIMフリースマホとしてもハイエンドな性能を誇る。

なお、同社では『GRANBEAT DP-CMX1』の発売を記念して、e-onkyo musicダウンロードクーポン200曲分や同社のヘッドホンが当たるキャンペーンを3月31日まで展開)。

また、2月28日までは、東京都中央区の茅場町にある『CAFE SALVADOR BUSINESS SALON』に“ONKYO GRANBEAT CAFE”をオープン。おいしいコーヒーを飲みながら、同製品のサウンドを存分に楽しめる。

 

■製品詳細
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/smartphone/granbeat/

■ニュースリリース
http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/audio/dp_cmx1/index.htm

■関連記事
【ポータブルオーディオLab】バランス対応のハイコスパモデルONKYO『DP-X1』は、『DP-X1A』になってどう変わったか?

関連記事

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

GRANBEAT DP-CMX1_thmub

【ポータブルオーディオLab】『DP-X1』直系の高音質スマホ ONKYO『GRANBEAT』を徹底解剖

2017年2月16日

E001_thmub

スマホ用ハイレゾプレーヤーアプリ「NePLAYER」がmoraと連携 購入済みのハイレゾ楽曲をPCレスでダウンロード可能に

2016年8月19日

Thumbnail_655-314

【牧野良幸のハイレゾのすゝめ】第7回 スマートフォンで聴く

2016年4月19日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ