スマホでハイレゾ

2016年3月9日

【ハイレゾ攻略法02】スマホ+DAC内蔵ポタアンの二段重ね!

Theme Tag


手持ちのスマホやiPhoneを使ってハイレゾ音源の購入とダウンロード、そして楽曲の管理と保存をする方法。再生は新規に導入したDAC内蔵ポタアンとデジタル接続で行なう。この方法なら、ほとんどの操作が使い慣れているスマホに託されるため敷居は低いだろう。進化速度の早いDAC部分が外付けなので、さらなる高音質を目指したアップグレードも比較的容易にできる。モバイル活用だけでなく、自宅でもDAC内蔵ポタアンのライン出力をプリメインアンプに接続することでハイレゾライフが満喫できるのだ。

 

01_chord_mojoCHORD『Mojo』実勢価格約6万5260円
アルミ削り出しのボディに半透明なアクリル半球がボタンになった斬新なデザインに豊富なデジタル入力を搭載した音質重視の実力派。USB入力、トスリンクの光入力、3.5mmの同軸の3系統のデジタル入力を搭載。スマホ、iPhone、PC、ウォークマンなどと接続ができる。ヘッドフォン出力は2系統あり、800Ωのハイインピーダンスに対応するため、ハイエンドヘッドフォンも電池駆動で鳴らし切る。PCM768kHz/32bit対応、DSD再生対応。FPGAに独自のアルゴリズムを書き込み同社独自の音質を追求している。

02_HA-2_frontOPPO『HA-2』実勢価格約4万2120円
洗練されたデザインのボディは厚さ12mm、重さ175gとスリムでコンパクト。デジタル接続で7時間連続再生、アナログで13時間、30分で70%まで充電できる急速充電機能搭載。DACにESS/ES9018K2Mを採用してPCM384kHz、DSD256ネイティブ再生に対応。アナログ入力とiPhone対応のデジタル入力、ヘッドフォン&ライン出力搭載と機能的にも不満はない。ESSの特色を活かした色付けが少なく解像度の高い音はハイレゾとの相性抜群だ。

 

03_E17K_03_2560FiiO『E17K』実勢価格約2万5560円
ハイコスパ、ハイパフォーマンスのFiiOブランドのDSD対応DAC内蔵ポタアン。スクロールホイールが快適な操作性を約束。USB接続で96kHz/32bit対応、同軸入力で192kHz/24bit対応、Windowsと接続時のみDSD2.8MHzが再生できる。ライン入出力を装備、USBカメラアダプタ経由でiOS機器に接続できる。やや低音よりのバランスだがイコライザーで音質調整ができるで好みの音質を追求できる。

関連記事

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

GRANBEAT DP-CMX1_thmub

【ポータブルオーディオLab】『DP-X1』直系の高音質スマホ ONKYO『GRANBEAT』を徹底解剖

2017年2月16日

granbeat_thmub

オンキヨー&パイオニアイノベーションズがハイレゾ対応スマホ『GRANBEAT DP-CMX1』をリリース

2017年1月29日

E001_thmub

スマホ用ハイレゾプレーヤーアプリ「NePLAYER」がmoraと連携 購入済みのハイレゾ楽曲をPCレスでダウンロード可能に

2016年8月19日

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ