コンポでハイレゾ

2016年5月11日

【牧野良幸のハイレゾのすゝめ】第9回 ネットワークオーディオで聴く(その1)

Theme Tag


ハイレゾのすすめ

文と絵 牧野良幸

CDに代わりハイレゾを聴く、そんな新しいオーディオの楽しみ方が始まっている。しかしハイレゾとはいったいどんなものか分からない、という方もまだまだ多いだろう。この「ハイレゾのすゝめ」を読んで、どうかあなたらしい極上のハイレゾ・ライフを手に入れていただきたい。

【登場人物】
ナマズ所長 音楽好き、オーディオ好きのオヤジ。ハイレゾが三度のメシよりも好き。
音野ハジメ 音楽好きの20代。最近ハイレゾに興味を持ちはじめたばかり。

第9回 ネットワークオーディオで聴く(その1)

ナマズ所長 今回はネットワークオーディオでハイレゾを聴く方法を話そう。

音野ハジメ 最先端のハイレゾの聴き方と言っていましたね。

ナマズ所長 ネットワークオーディオで重要なのが、ネットワークプレーヤーだ。その始まりは2007年にLINNがDSシリーズを発表した時だと思う。最初はあまりに先駆的すぎて「こんなの誰も聴かないだろう」とさえ思ったよ。

音野ハジメ パソコンで聴いていた“PCオーディオ”とはどこが違うのですか?

ナマズ所長 ネットワークオーディオは、パソコンで音楽データを再生するのではなく、音楽データ専用のプレーヤーで再生するのが特徴だ。“PCオーディオ”に関しては、パソコン好きがやっているなあという感じで、オーディオマニアとしては「好きにやれば」と静観していた(笑)。

音野ハジメ そこにDSシリーズが登場した、と。

ナマズ所長 そう。スコットランドのハイエンド・オーディオメーカーLINNのDSシリーズは、明らかに我々オーディオマニア向けだったからショッキングだったのさ。価格も非常に高価だったから庶民には手が出せないものだった。

音野ハジメ いくらくらいだったんですか?

ナマズ所長 確か200万円以上した記憶がある。

音野ハジメ 声もでません(笑)

ナマズ所長 だから「CDやSACD、アナログレコードで十分、俺たちゃそこまでやらないよ」と、DSシリーズには正直笑ったものだけど、結局大ヒットしたんだ。今では他社メーカーも追従してネットワークプレーヤーが盛況だ。

音野ハジメ 先駆的だったわけですね。ではネットワークオーディオの仕組みを教えてください。

ナマズ所長 まずはイラストを見てくれ。これがネットワークオーディオの一般的な流れだ。インターネットに接続されているルーターをハブとして使用する。ルーターにはネットワークプレーヤー、パソコン、NAS、がLANでつながっている。

 

09ネットワークオーディオで聴くその1

 

 

音野ハジメ ネットワークプレーヤー自体は音源を持っておらず、ネットワーク上にあるNASの音源を再生するわけですね。

ナマズ所長 そのとおり。ネットワークプレーヤーの操作はスマートフォンやタブレットで行なうことができるから操作性は抜群だ。パソコンでハイレゾを聴くよりは相当スマートだぞ。

音野ハジメ はい、これならオーディオやパソコンが苦手な女性でも違和感なく聴けますね。

ナマズ所長 そういえば“女子オーディオ”なんて、ちょっと前に流行ったね(笑)。

音野ハジメ 僕はとくにオーディオに興味がないカノジョにすすめようかと思ったわけです。ネットワークオーディオの快適性が女性にウケるのではないかと。

ナマズ所長 確かに。ネットワーク上の音源は他のネットワーク対応プレーヤーやタブレットでも共有できる。ネットワークオーディオはこれまでのライフスタイルを変えるかもしれないね。

音野ハジメ しかしネットワークオーディオは“PCオーディオ”と違うと言っておきながら、イラストを見るとパソコンがあるのはなぜですか?

ナマズ所長 パソコンはハイレゾのダウンロードに使う。それからNASへの転送(コピー)にも使用する。

音野ハジメ それでパソコンが必要なわけですね。ところでNASとは何ですか? 意味不明の英語で、こいつがネットワークオーディオを小難しくしているように見えますが。

ナマズ所長 NASは「ナス」と言う。ここにハイレゾ音源を格納しておくのだ。同じネットワーク上のパソコンからドラッグ&ドロップしてやればコピーができる。

音野ハジメ なんだ、ではNASは外付けハードディスク(HDD)と同じものですか?

ナマズ所長 いいや違う。NASとは「Network Attached Storage」の略で、HDDだけでなくLinuxなどのOSを内蔵した、いわゆるサーバーなんだ。だから普通の外付けハードディスクを接続してもNASにはならないよ。

音野ハジメ 形が似たようなものですから、間違えるところでした。

ナマズ所長 NASという商品をちゃんと買ってほしい。そのときにいくつか気をつけてほしいことがある。NASならどんなNASでもいいわけではない。そのネットワークプレーヤーと合うNASを選ばないと、ネットワークプレーヤーがNASを認識しないことがある。

音野ハジメ そんなこと言われても、我々にはわかりません。

ナマズ所長 ネットワークプレーヤーのメーカー・サイトでは推奨NASの機種名を提示しているから、それを調べるといい。あとNASのメーカーのほうでも対応ネットワークプレーヤーを提示している。それからDSD(DSF)が再生できるNASも限定されてくるみたいだから、それも調べておくように。最近はネットワークオーディオ用として発売されているNASもある。

音野ハジメ (メモしながら)では調べます。それでめざすNASを買ったら、あとは接続すれば終わりですね。

ナマズ所長 いいやまだだ。パソコンを使ってNASの初期設定をきちんとしなくてはいけない。そうしないとネットワークで認識されない恐れがある。

音野ハジメ なんだか“理系モード”になってきたなあ……。初期設定の仕方はどうするのですか?

ナマズ所長 それは機種ごとでメニューも違うだろうからここでは書かない。詳しい情報はマニュアルなりネットで調べてみてくれ。NASは機種によっても音質が変わるから、いい音をめざすハイレゾレコパルの読者なら、NAS選びも慎重にやってほしいね。

音野ハジメ 八百屋さんでナスを買うように気楽に買うな、と(笑)

ナマズ所長 キミのまとめもオヤジっぽくなってきたね。

音野ハジメ 所長の影響です。

ナマズ所長 確かにNASを含むネットワークオーディオは、ちょっとだけ敷居が高い。かく言う僕も実はそうだった。でも2011年末にパイオニアからN-50というネットワークプレーヤーが発売された時に状況が変わった。N-50でハイレゾ聴けるならNASの設定も苦労と思わない。そう思わせる魅力がN-50にはあったのだよ。その話は次回にしよう

音野ハジメ 楽しみです。

【牧野良幸のハイレゾのすゝめ】第10回は ネットワークオーディオで聴く(その2) です!
文と絵 牧野 良幸(まきの よしゆき)
イラストレーター。1958年 愛知県岡崎市生まれ。
大学卒業後、81年に上京。版画家として活動しながら雑誌のイラスト、レコード・ジャケット、絵本の仕事などをおこなう。そのいっぽうで音楽やオーディオ好きのため、雑誌やWEBに音楽エッセイを執筆中。今までの音楽遍歴を綴った本として『僕の音盤青春記/1971-1976』『同/1977-1981』(音楽出版社)『オーディオ小僧の食いのこし』(共同通信社)。2015年には念願のビートルズ本として『僕のビートルズ音盤青春記 Part1/1962-1975』『同 Part2/1976-2015 』(音楽出版社)を上梓した。
■ホームページ「マッキーJP」http://mackie.jp

関連記事

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

GRANBEAT DP-CMX1_thmub

【ポータブルオーディオLab】『DP-X1』直系の高音質スマホ ONKYO『GRANBEAT』を徹底解剖

2017年2月16日

granbeat_thmub

オンキヨー&パイオニアイノベーションズがハイレゾ対応スマホ『GRANBEAT DP-CMX1』をリリース

2017年1月29日

E001_thmub

スマホ用ハイレゾプレーヤーアプリ「NePLAYER」がmoraと連携 購入済みのハイレゾ楽曲をPCレスでダウンロード可能に

2016年8月19日

Book

第30巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ