3分でわかるハイレゾ

2016年3月15日

【牧野良幸のハイレゾのすゝめ】第2回 ハイレゾの種類(その1)FlacとWAV

Theme Tag


ハイレゾのすすめ

文と絵 牧野良幸

CDに代わりハイレゾを聴く、そんな新しいオーディオの楽しみ方が始まっている。しかしハイレゾとはいったいどんなものか分からない、という方もまだまだ多いだろう。この「ハイレゾのすゝめ」を読んで、どうかあなたらしい極上のハイレゾ・ライフを手に入れていただきたい。

【登場人物】
ナマズ所長 音楽好き、オーディオ好きのオヤジ。ハイレゾが三度のメシよりも好き。
音野ハジメ 音楽好きの20代。最近ハイレゾに興味を持ちはじめたばかり。

第2回 ハイレゾの種類(その1)FlacとWAV

ナマズ所長 前回はハイレゾの音のよさを説明した。今回は、ハイレゾにはどんな種類があるか説明しよう。ハイレゾは基本的にはflac、WAV、DSDの3種類がある。キミがハイレゾを購入しようとするなら、この3つのどれかになるはずだ。まずは簡単に説明しよう。

flac(フラック) 元の音源を圧縮したPCM系ファイル形式。データのサイズが小さくなる利点がある。再生する時は元のデータに完全に復元して再生されるから音質上のロスはない。flacにはタグといって、アーティストやタイトルのテキスト情報やジャケット画像なども曲ごとにつけておくことができる。

WAV(ウェーブまたはワブ) 元の音源を圧縮しないPCM系ファイル形式。そのためflacよりは大きいサイズとなる。またflacのように音楽情報やジャケット画像などを格納することはできない。

DSD(ディー・エス・ディー) ファイル形式はDSFとなる。音質がflacやWAVと異なる特徴を持つ。登場したのはflacやWAVのあとで、いわばハイレゾの真打ちとして登場した感じだ。

DSDについては次回であらためて説明することにして、まずはflacとWAVの特徴をイラストにしてみた。参考として圧縮音源MP3を加えておいたので見てほしい。

02flac_WAV

音野ハジメ MP3が劣るのは一目瞭然ですけれども、再生音が同じならばflacとWAVではどちらを購入していいか悩みますね。これにDSDが加わったらなおさらです。

ナマズ所長 そうだね。でも実際の配信では必ずしも、flac、WAV、DSD(DSF)の3種類全部が揃っているわけではないのだよ。

音野ハジメ そうなんですか。

ナマズ所長 あるアルバムが配信される時、flacだけで配信することもあれば、flacとWAVで配信することもある。レーベルによっては、それに加えてDSD(DSF)を揃えることもある。

音野ハジメ 実際にはどれが多いのでしょうか?

ナマズ所長 圧倒的に多いのはflacだ。というかflacは必ず配信される。flacだけの配信も非常に多い。

音野ハジメ ということはハイレゾの代表格はflacですね。

ナマズ所長 そのとおり。それに続いて多いのがWAV。flacとWAVの二者択一の場面もそれなりにある。それにくらべるとDSD(DSF)を見かけるのは少ないと思う。

音野ハジメ flacだけの場合はいいとして、flacとWAVの両方が配信の時は悩みますねえ。1タイトルの料金で両方をダウンロードはできませんか?

ナマズ所長 それはできない。もっとも両方買えば、悩みは解消されるがね(笑)。ちなみにflac、WAV、DSD(DSF)、それぞれの価格は同じ時もあれば違う時もある。タイトルやレーベル、配信サイトによりケース・バイ・ケースだ。

音野ハジメ ナマズ所長はどちらを選んでいるんですか?

ナマズ所長 僕はflacとWAVがあるなら、flacにする。言わばflac派だ。

音野ハジメ どうしてですか?

ナマズ所長 ジャケット画像があるからさ。flacをジャケット表示のできるプレーヤーで再生するとジャケットが表示される。音楽愛好家としてはうれしい。

音野ハジメ でもWAV派の人もいるわけですよね?

ナマズ所長 flacは再生時に圧縮した音源を元に戻す工程が入る。その工程のないWAVのほうが音が良いというのがWAV派の考え方だと思う。

しかしflacとWAVを聴き較べたけど、僕には音質の差は分からなかったよ。たとえあったとしても、それは「スピーカー・ケーブルを変えたら音が変わった」というくらいのマニアックな世界と思う。よほど神経を研ぎすまして聴く必要があるし、そもそも元の音楽データのクオリティーにも左右される範囲の話だ。だから僕としては音質的にもflacでOKと態度を決めた。ただしジャケット画像には興味がなく、あくまで音質重視の方はWAVにすればいい。意外と判断は簡単だろ?

音野ハジメ 所長なりのflacの感想をもう少し聞かせてもらえますか。

ナマズ所長 あとflacのデータ・サイズがWAVの60%〜70%くらいに圧縮されているのもいい。ハードディスクやポータブル・プレーヤーの容量が節約できる。あとハイレゾのダウンロードって意外と時間がかかるからね、その時間も節約できる。でもね、ぶっちゃけ「どちらでもいい」というが、僕の結論なんだ。

音野ハジメ それは乱暴な結論ですね。

ナマズ所長 実はね、flacやWAVなどの音楽データを変換してくれるパソコン・ソフトがあるんだ。それを使えば「flac→WAV」「WAV→flac」へ任意に変換できる。もちろんMP3とか、いろいろな音楽データにも変換できる。容量の心配なポータブル・プレーヤーはflacにして、ハードディスクに入れておくならWAVと分けてもいい。

音野ハジメ なんだ、それなら悩むことはない。所長はそうやっているのですか?

ナマズ所長 いや、やってない、全部flacだ。僕はもうflacで十分。

音野ハジメ 所長のマニア度が分かります(笑)

ナマズ所長 ただ「WAV→flac」と変換しても、ジャケット画像や音楽データなどは生まれないよ。なぜならWAVには最初からそれらがないからだ。自分でジャケット画像や音楽データを入れてやる必要がある(自働でやってくれる変換ソフトも多い)。逆に「flac→WAV」の変換ならジャケット画像などは破棄される。

音野ハジメ では結論としてはジャケット画像などが好みならflacを選び、ハイレゾをよりマニアックに突き詰めたいならWAVを選ぶ、でよさそうですね。

ナマズ所長 そのとおり。肝心なのは、どちらを選んでもハイレゾの音質を堪能できるということだ。そもそもflacのみの配信も多いのだから悩んでもしょうがないだろう。WAVが追加されるのは、たいがい音質が重視されるクラシックのタイトルだ。レッド・ツェッペリンもflacだけだしね(笑)。

音野ハジメ これでスッキリしました。

ナマズ所長 ただね、たとえflacだけでも、kHzの違いがある場合がある。「flac 96kHz/24bit」と「flac 192kHz/24bit」の両方で配信とかね。kHzについては前回教えたね。音質がより良い方を好む人は「flac 192kHz/24bit」を購入すればいい。

音野ハジメ 金額は同じですか?

ナマズ所長 金額は「flac 192kHz/24bit」のほうが高い場合が多い。しかし同じときもある。これもケース・バイ・ケースだ。

音野ハジメ そこは財布と相談ですね。あと3番目のDSDについて教えてください。

ナマズ所長 よろしい、それは次回に。

【牧野良幸のハイレゾのすゝめ】第3回は ハイレゾの種類(その2)DSD です!

文と絵 牧野 良幸(まきの よしゆき)
イラストレーター。1958年 愛知県岡崎市生まれ。
大学卒業後、81年に上京。版画家として活動しながら雑誌のイラスト、レコード・ジャケット、絵本の仕事などをおこなう。そのいっぽうで音楽やオーディオ好きのため、雑誌やWEBに音楽エッセイを執筆中。今までの音楽遍歴を綴った本として『僕の音盤青春記/1971-1976』『同/1977-1981』(音楽出版社)『オーディオ小僧の食いのこし』(共同通信社)。2015年には念願のビートルズ本として『僕のビートルズ音盤青春記 Part1/1962-1975』『同 Part2/1976-2015 』(音楽出版社)を上梓した。
■ホームページ「マッキーJP」http://mackie.jp

関連記事

pota_000_thmub

【ポタ研 2017冬 レポート】目玉はやはりONKYO『GRANBEAT』、そして超ド級Astell&Kern『AK380SS』

2017年2月22日

GRANBEAT DP-CMX1_thmub

【ポータブルオーディオLab】『DP-X1』直系の高音質スマホ ONKYO『GRANBEAT』を徹底解剖

2017年2月16日

granbeat_thmub

オンキヨー&パイオニアイノベーションズがハイレゾ対応スマホ『GRANBEAT DP-CMX1』をリリース

2017年1月29日

E001_thmub

スマホ用ハイレゾプレーヤーアプリ「NePLAYER」がmoraと連携 購入済みのハイレゾ楽曲をPCレスでダウンロード可能に

2016年8月19日

Book

第28巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ