カスタムIEM

2016年4月22日

【ポータブルオーディオLab】あの「μ’s」も使っていたFitEarが作った初のハイブリッドモデル『Air』を徹底レビュー

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FitEarと言えば純国産カスタムイヤモニターのメーカーである。その母体は須山補聴器という老舗の補聴器メーカーで、カスタムイヤモニに欠かせない耳型の採取技術と補聴器に使われているBA(バランスドアーマチュア)型ドライバーに関するノウハウを活かして、多くのミュージシャンに対してカスタムイヤモニを提供している。最近で言えば『μ’s FINAL LOVE LIVE!』でメンバー全員が使っていたのがFitEarのカスタムイヤモニなのだ。

そもそもカスタムイヤモニターとは、ミュージシャンがライブの時にプレイバックを聴くためのモニター用イヤホンであり、遮音性を上げて大音量再生しなくても使えるように、また激しく動いた時にも耳から外れないように、シリコンで耳の型を採って、それを元にハウジングを作成、当人の耳にピッタリ合うようにしたプロ用機材。その遮音性と使われていたBA型ドライバーの性能の良さからハイエンドイヤホンとして注目され、メーカーもそれに応えてマルチドライバーの高性能モデルを次々と製品化してきた経緯がある。FitEarはプロ用からスタートして、コンシューマーモデルも作っている。BA型ドライバーのマルチWay一筋だったが、『Air』で初めてハイブリッド型を製品化した。

なぜFitEarは突然、ダイナミック型とBA型のハイブリッドモデルを開発製品化したのか? それを代表取締役・須山慶太氏にたずねてみた。

関連記事

K10_thmub

NOBLE AUDIO 新たなフラッグシップモデル『Kaiser Encore』を発売

2016年11月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

再結成したレベッカ NOKKOがアナログとカスタムイヤモニを語る!

2016年5月21日

thumb_DSC0219

【e☆イヤホン たっくんが直撃取材!】日本フィギュアスケート界のトップスケーター無良崇人選手が語る イヤホンの魅力とは?〜後編〜

2016年4月18日

00_IMG_66192

【e☆イヤホン たっくんが直撃取材!】日本フィギュアスケート界のトップスケーター無良崇人選手が語る イヤホンの魅力とは?〜前編〜

2016年4月17日

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ