ヘッドホン

2017年7月21日

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】ユニークなモデルが火花を散らす注目ヘッドホン一気聴き!

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2年間のこだわりから生まれた『99 Classics』と新製品『99 Neo』

ルーマニアから来日したAntonio Meze氏が2009年に立ち上げたブランドがMEZE Audioである。彼自身は音楽を愛するプロダクトデザイナーで、自分のために作りたかった音質とデザインを追求したため、最初のヘッドホンが完成するまでに2年の歳月を必要とした。2015年に生まれた『99 Classics』2万9800円(税込)はウォルナットを使ったリアルウッドのイヤーカップと金属製のセルフアジャスタブルヘッドバンドの対比が美しい。CNCマシンで精密に削り出された木製イヤーカップは手作業で磨き上げられ、その木目は一つして同じモノがないという。彼は金属パーツにもこだわり、『99 Classics』からプラスチックパーツを排除している。重さ260gのヘッドホンは側圧がほどよく重さをほとんど感じさせない。

その音はなめらかでウォーム、ちょっと懐かしい感じの低域、尖った部分や刺激的な音を出さないジェントルなモデルだ。かと言って、こもっているわけではなく、高域はほどよく抜けてくれる。本機でお気に入りアルバムを聴けば、何時間でも音楽に浸れそうだ。『99 Neo』2万4800円(税込)は、イヤーカップをウッドからABSプラスチックにして生産性を高めたモデルである。ハウジングの容積を増やすことで、低域の量感をアップさせている。『99 Classics』に対して低域の解像度は高く、よりハードな曲にも対応できるだろう。どちらのモデルも上品な音で設計者のセンスの良さが光る。デザインと質感もよく私も欲しくなった。

 

ウォルナット(クルミ材)を使った『99 Classics Silver』。ヘッドバンドは内側のみ調整できる。ゴールドモデルもある。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

『99 Neo』はブラックのみで、デザインはクラシックとほぼ同じだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】湿度0%の空間で再現される透明で無垢なる音 SONOMA『Model One』

2017年8月3日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】ULTRASONEからSENNHEISERまで ワイヤレスは音と快適性を追求

2017年7月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】平面駆動型でU9万円! Acoustic Research『AR-H1』速攻レビュー

2017年7月15日

Book

第38巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ