イヤホン

プレーヤー

2017年3月11日

【ポータブルオーディオLab】対決再び! ONKYO『Rubato』とPioneer『private』、その○と×を徹底検証

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

U5万円でフルバランス構成、バランス駆動に対応!

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、U5万円でバランス出力に対応したハイレゾプレーヤー、オンキヨー『Rubato』(ルバート)とパイオニア『private』(プライベート)を3月中旬に発売することを発表した。オンキヨーのハイレゾプレーヤーと言えば『DP-X1A』である。パイオニアは『XDP-300R』で、どちらもバランス対応だが、スペックと価格が微妙に違う。その傾向は今回も現われており、『Rubato』はe☆イヤホンの予価4万8380円(税込)で、『private』は予価4万2980円(税込)である。その差5400円。バランス接続に対応したイヤホン、Pioneer『SE-CH5』予価9150円(税込)と合わせて税抜き5万円を実現するためにはPioneer『private』という価格のプレーヤーが必要だったのかもしれない。

それはさておき、どちらもハイコスパで小型軽量に高性能、多機能を濃縮している。強力な今年のベストバイになりそうなDMPである。一体、どこがどうスゴイのかを逐一説明していこう。そして、最後にバランスとアンバランス接続で試聴した結果もお伝えしよう。

関連記事

beyerdynamic_thumb

【ポタ研 2017冬 レポート】beyerdynamic『XELENTO REMOTO』はAstell&Kernのアレと何が違うのか?

2017年2月27日

pota02_thumb

【ポタ研 2017冬 レポート】beyerdynamicから謎の試作機まで 会場で見つけた気になる一品 〜 イヤホン編

2017年2月23日

pioneer_thmub

【ポータブルオーディオLab】Lightning &ノイキャン搭載 Pioneer『RAYZ PLUS』の音を速攻レビュー

2017年2月15日

jabra_thmub

【ポータブルオーディオLab】左右独立のBluetooth接続で完全ワイヤレスイヤホンを実感

2017年2月11日

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ