イヤホン

2017年2月15日

【ポータブルオーディオLab】Lightning &ノイキャン搭載 Pioneer『RAYZ PLUS』の音を速攻レビュー

Theme Tag

 / 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

『RAYZ PLUS』の音質を速攻でレビュー

オンキヨー&パイオニアイノベーションズが発表したPioneer『RAYZ』は同社の提唱するApp-cessoryの第一弾として注目の製品だが、ハイレゾレコパルでは、その音質に注目したレポートをお届けしたい。試聴に使ったのは『RAYZ PLUS』であるが、これはLightning端子を差し込んで音楽を聴きながら『iPhone』などを充電できるポートが搭載されたモデルでイヤホン部分に関しては全く同等で、カラーが違うだけである。また、専用アプリはテスト版を使っている。

『RAYZ』について軽く触れておくと、DAC+コントローラーを小型化するため、使いやすいサイズのモックアップを作り、それに合わせて回路とパーツを収めるという手法で設計されている。また、6個のマイクを搭載することで理想のノイズキャンセリング効果とクリアな通話を実現している。ノイズキャンセリング機能はキャリブレーションをとることで、その場に最適の効果が得られるという。コントローラーには第4のボタンがあり、長押し、1回押し、2回押しに別の機能を指定できる。

 

アプリケーションとアクセサリーの合体から、アプセサリーが生み出された。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

赤線が飛行機のエンジン音の消音効果を狙った一般的なノイズキャンセリングヘッドホンの特性。黒線がキャリブレーションをとる前の本機の消音効果、そして赤がキャリブレーションをとった場合の特性で高域でも消音効果があることがわかる。このため会話を聞くための「HearThru」機能が欠かせない。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】驚きのハイスペックモデルも登場! イヤホン参考出品編

2017年7月24日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】シングル、ハイブリッド、マルチと多彩な顔ぶれのイヤホン新製品編

2017年7月23日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】ULTRASONEからSENNHEISERまで ワイヤレスは音と快適性を追求

2017年7月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

Book

第32巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ