イヤホン

2016年7月21日

【注目モデル全試聴!】ポタフェス2016まとめ〜イヤホン新製品編

Theme Tag


■Maroo Pro Audio ACSシリーズ

イギリスのカスタムイヤモニメーカーACSが作ったユニバーサル型のイヤモニで、小音量でも音楽を楽しめるをコンセプトに−26dBの遮音効果を持つメモリーフォームのイヤーチップを開発。BAドライバーは聴覚健康機器の部品シェア70%を持つKnowlesと連携、ケーブルはEstronのLinumケーブルを採用している。Estronはデンマークのトップブランドで補聴器用のケーブルのシェア98%を持つという。このケーブルは釣り糸のテグスのように細くて強度が心配だが、アラミド繊維を芯材に7本撚りを6束、合計42本の撚り線構造を採用して60Nの引っ張り強度を実現。つまり約6.1kgの力がかかっても大丈夫なのだ。端子はT2と呼ばれる特殊なものでリケーブルはまだ存在しない。マイケル・シェイバーさんによればバランス対応のリケーブルを作る予定はいとのこと。今回登場したのはシングルドライバーの『ACS Evoke』3万5000円、3ドライバーの『ACS Evolve』6万円、5ドライバーの『ACS Encore』12万円の3モデルである。各モデルに共通して言えることは、音場感重視の硬質な音であること。さすがイヤモニのメーカーと思わせるクリアーな音だった。

 

『ACS Evoke』はシングルながら低音の量感があり、BA型らしく解像度の高い音だ。高域はややキツメだが、粒立ち優先ではなくボーカルはなめらかだった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

『ACS Evolve』は先ほどより高域も低域も解像度がさらに向上、低域はタイトでスピード感がある。これはかなりのハイコスパモデルだ。私ならこれを選ぶ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

『ACS Encore』はハイエンドらしく最も低域に厚みがあって、解像度も高い。解像度が高いだけでなく音場感に優れこれがMarooの音作りと納得できる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

Michelle Limited_04_thmub

数量限定で直販価格4万9980円! 今秋発売予定『Michelle Limited』は買いか!?

2017年9月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】マルチとガチ勝負 シングル一直線のDITA『Dream』は恐るべき超高解像度

2017年8月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】平面駆動型イヤホンAUDEZE『LCDi4』は低音と広大な音場感が凄かった!

2017年8月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】驚きのハイスペックモデルも登場! イヤホン参考出品編

2017年7月24日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ