イヤホン

ヘッドホン

2016年7月20日

【注目モデル全試聴!】ポタフェス2016まとめ〜イヤホン・ヘッドホン参考出品編

Theme Tag


ポタフェス2016 in 秋葉原」関連記事

■初日に行われた気になる新製品発表会の模様をレポート
ポタフェス2016 in 秋葉原 プロローグ
■各社の新製品を全部試聴してみた!
イヤホン新製品編
■『AK70』のライバルはどれだ!? この夏、一番熱い!
ハイレゾプレーヤー/ポタアン編
■掘り出しものでいっぱい!
ケーブル/アクセサリー編
■Rayさん、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、MARUさんが登場!
ポタフェス恒例ミニライブレポート
■河内美里さん、田中弥音さん、赤マルダッシュ☆のお二人(大西菜友さんと北澤鞠佳さん)が出演!
『開運音楽堂』コラボ スペシャルトーク&ライブレポート

 

カスタムIMEに迫るマルチドライバーのユニバーサルイヤホンが台頭

ミュージシャンがステージ用に使っていたカスタムIEMがここ数年、注目を浴びている。高い遮音性と市販品にはないフィット感、カスタムオーダーというハイエンド気分、そしてマルチドライバーによる圧倒的な低音の量感とワイドレンジ感が得られる。カスタムIMEこそBA型の頂点という図式ができ上がっていたが、Astell&Kernが『Layla Unibersal Fit / Jerry Harvey Audio』を発売したことで流れが変わった。ユニバーサルモデルで3Way12ドライバー、実勢価格は30万円を超えている。これに追従するカスタムIMEのメーカーが現われ、カスタムIMEで培ったノウハウを使ってマルチドライバーの大型ハウジングをうまく耳にフィットさせ、カスタムでしか聴けなかった音をユニバーサルで実現したモデルが多数登場してきた。これによってユニバーサルイヤホンの選択範囲が大きく広がったのだ。

 

■AROMA『Witch Girl 12』参考出品

香港のAROMAと言えば、昨年オペアンプ交換式のポタアン『A10』を発表したことが記憶に新しいが、その後、Witch GirlシリーズのBA型マルチドライバーのユニバーサルイヤホンも作っている。そのハイエンドモデルとしてベールを脱いだのが、4Way12ドライバーの『Witch Girl 12』である。オールハンドメイド製ボディによりカスタムIMEを思わせる装着感を実現。構成は、低域×4、中域×4、高域×2、超高域×2。外見からとても12ドライバー内蔵には見えないコンパクトなボディである。ドライバーユニット自体も小型化されているに違いない。その音はパッと聴くと普通なのだが徐々にボリュームを上げていくと、恐るべきワイドレンジなのだ。そして驚くべきことはこんなにたくさんのドライバーを搭載しているのに音場感に優れていること。詳細は別途レポートする予定なので乞うご期待!

 

イヤモニの定番、透明ハウジングではなく艶のあるブラックで、ゴールドのロゴが埋め込まれている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ケースは半透明で防水、防塵、耐ショックみたいな感じのヘビーデューティタイプ。2pinタイプの着脱式ケーブルを採用している。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

Michelle Limited_04_thmub

数量限定で直販価格4万9980円! 今秋発売予定『Michelle Limited』は買いか!?

2017年9月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】マルチとガチ勝負 シングル一直線のDITA『Dream』は恐るべき超高解像度

2017年8月10日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】平面駆動型イヤホンAUDEZE『LCDi4』は低音と広大な音場感が凄かった!

2017年8月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】驚きのハイスペックモデルも登場! イヤホン参考出品編

2017年7月24日

Book

第37巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ