イヤホン

2017年8月10日

【ポータブルオーディオLab】マルチとガチ勝負 シングル一直線のDITA『Dream』は恐るべき超高解像度

Theme Tag


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マルチvsシングルドライバーの勝負の行方は!

私が最近、ヘッドフォン祭やポタフェスを取材して疑問に思うのは、BA型マルチドライバーは、そんなにドライバーの数を増やしてメリットがあるのかということ。もともとBA型は補聴器用に設計されたユニットなので、レンジが狭く、これを2Way化することで音楽用にしたのは素晴らしいアイデアだと思う。よりワイドレンジにするために3Way化、そして低音の量感を出すためにBASSを2ドライバー化して3Way4ドライバーぐらいまでは理解できるが、これが8ドライバーとか12ドライバーまでいくと位相管理の面でかなり不利になり、レンジは広がっても音場感は悪くなるのではと思ってしまう。これに対してダイナミック型はフルレンジ一発である。スピーカーと違ってイヤホンは鼓膜のすぐ近くで音を出すため振動板が小口径でも充分に低音が出せる。つまりダイナミック型ならシングルドライバーでワイドレンジを実現できる。これはヘッドホンにも言えることだ。最近は高域はBA型、中低域はダイナミック型というハイブリッド型も増えてきた。解像度の高いBA型と量感の出せるダイナミック型の低域を合わせていいとこ取りを狙うのだが、形式が違うので音のつながりが難しいという弱点もある。

DITAはシンガポールを拠点にするメーカーで、社員全員がオーディオマニアである。そしてオーディオマニアによるオーディオマニアのためのイヤホンとして開発されたのがハイエンドモデルの『Dream』なのだ。彼らの考え方は至極真っ当で、BA型を使うとワイドレンジ化のためにマルチにする必要があり、ネットワーク用の高音質パーツが手に入らないから、ダイナミック型ドライバーで勝負することにしたという。また、音質そのものもダイナミック型の方が自然であると。この言葉通り新開発のφ10mmダイナミック型ドライバーを1個のみ搭載。周波数特性10Hz〜25kHz、インピーダンス16Ω、音圧レベル102dB。これを収めるシャーシはチタン製、フラットな周波数特性と左右の音の差を最小限に抑える設計で、全ての接触面を平面研磨するため日本で精密加工されている。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポータブルオーディオLab】平面駆動型イヤホンAUDEZE『LCDi4』は低音と広大な音場感が凄かった!

2017年8月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】驚きのハイスペックモデルも登場! イヤホン参考出品編

2017年7月24日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】シングル、ハイブリッド、マルチと多彩な顔ぶれのイヤホン新製品編

2017年7月23日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】ULTRASONEからSENNHEISERまで ワイヤレスは音と快適性を追求

2017年7月19日

Book

第34巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ