アクセサリー

ケーブル

2016年4月1日

【ポータブルオーディオLab】ケーブルは素材より長さが大切 カスタマイズ対応のORBの信号ケーブル全て見せます!

Theme Tag

 / 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケーブルの音の決め手は素材、構造、長さ

オーディオに凝り出すと気になるのがケーブルである。いかにもしょぼい付属ケーブルでコンポの実力が100%引き出されているかどうか不安。またはDACやアンプを買い替えるのは無理だけど、ケーブルぐらいならちょっと奮発してみようと思っている人に、ケーブルは凝り出すとキリがないのだ。まず、ケーブルにはざっと下記のバリエーションがある。

●ラインケーブル
XLRバランスケーブル
RCAピンケーブル
ステレオミニプラグケーブル
ステレオ標準プラグケーブル
2.5mm4極バランスケーブル

●デジタルケーブル
トスリンクの光ケーブル(丸端子/角端子)
RCA同軸ケーブル
BNC同軸ケーブル
XLR端子のAES/EBUケーブル

●フォノケーブル
RCA同軸アース付きケーブル

●スピーカーケーブル
シングルワイヤリング用ケーブル
バイワヤリング用ケーブル

●ヘッドホンケーブル
ステレオ標準プラグ用ケーブル
ステレオミニプラグ用ケーブル
3.5mm4極ケーブル
2.5mm4極ケーブル

●電源ケーブル
アース付き3Pケーブル
2Pケーブル
メガネケーブル

一般的にはこんなものだろう。これを全部交換しようと思うと大変なことになる。最も影響力が大きいとされているのがスピーカー&ヘッドホンケーブル。そしてラインケーブル、デジタルケーブル、電源ケーブルの順番だろうか。まず、ケーブルで分かりやすい違いが素材である。

高純度銀線とか、銀コート銅とか。まあほとんどのケーブルは銅で出来ている。例えば「OFC」「PCOCC」「PC-Triple C」とか。純度で言うと「6N」「7N」「8N」とか。今までのは導体の話で、あとは絶縁体とか、被覆をどするか。そして撚り線なのか単線なのか、端子の素材とメーカーは。導体との接続は圧着なのかスポット溶接か、ハンダ付けか、ハンダの種類と温度は。端子は金メッキか、ロジウムメッキか、無垢のままか、などいろいろ要素がある。どのような構造で導体を配置するのか、メーカーによっていろいろな所にこだわりがある。

我々が聴いて最も分かりやすい違いは長さである。短ければ短いほど鮮明で情報量が多く、粒立ちが良く、キレのいい音になる。導体や構造にこるより短いケーブルの方が効果的となれば、最適な長さのケーブルを自作するのがベスト。しかし、ハンダ付けに自信がないとか、自作絶対無理という人もいると思う。それならオーダーメイドで長さが選べるケーブルがいい。あと取り回しのことを考えると、柔らかくて曲がりやすいケーブルが使いやすい。以前、単線の電源ケーブルを自作したが超硬くて使いにくく、すぐにお蔵入りになった。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日で70製品を試聴!】『AZLA』に始まり『AZLA』に終わった「ポタフェス2017 秋葉原 夏」

2017年7月17日

ifi_thmub

【ポータブルオーディオLab】アナログから光まで 聴いてわかったiFi『micro iDSD Black Label』の実力

2017年3月21日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【ポタフェス2016年 秋葉原 冬まとめ】各社から続々登場! φ4.4mm5pin端子はバランス接続の本流になれるのか!?

2017年1月4日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【速報】隠し球が続々! 「ポタフェス2016 秋葉原 冬」注目の新製品は?

2016年12月18日

Book

第34巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ