アナログ

2016年3月28日

スピーカー内蔵で多機能 しかも1万円以下の価格が魅力のプレーヤー 〜 ゼロから始めるアナログレコード入門[2]

Theme Tag


全世界的にブームのアナログレコードを手軽に“聞きたい”と思ったら、どうすればいいのか? 世界最大級のジャズレコード&CD専門店・ディスクユニオンJazzTOKYOの生島昇店長に聞くアナログレコード入門の2回目。

 

スピーカー内蔵だからこれ1台でOK!

前回の「ワーゲンバス」がレコードの上を走る『レコードランナー』に続いて紹介してもらったのがこのプレーヤーだ。

PhotoDA13A

ION AUDIO『Archive LP』9241円

これ1台でLPレコードのステレオ再生ができるアンプ、スピーカー内蔵のアナログプレーヤー。アナログ出力でプリメインアンプなどにも接続できる。またUSBにも対応し、パソコンのための録音用ソフトも付属する。

 

PhotoDA11
付属ソフトはシンプルで使いやすいが、注意点はデジタル録音レベル設定のみだ。これを上げすぎると音が一発で歪む。アナログ録音と違い0dBギリギリを狙う必要はないので余裕を持たせよう。1曲ごとの分割は自動的に行なわれる。iOS用は無償ダウンロードで対応。

 

さらにアナログの世界を広げるなら……

「ここまできて“もっといい音で聞きたい”と思うなら、ステレオ購入の検討を。3万円台からいい音で聞けるステレオがあります。これにハマると、スピーカー、プレーヤーのみならず、カートリッジ(レコード針)などのカスタマイズによって、音は劇的に変わります。例えば、ロックは歯切れよくソリッドでパンチが効いた音がいいと思えばそれに相応したカートリッジを選べばいいし、クラシックは華やかで厚みがありゴージャス音で楽しみたいと思うなら、カスタマイズで変化をつければいいのです。この多様性もアナログレコードの魅力です」(生島さん)

 

次回はレコードの音を自在に変えるカートリッジについて生島さんが解説します。

 

DMA-_GEN0089

ディスクユニオンJazzTOKYO 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 TEL:03-3294-2648 http://blog-jazztokyo.diskunion.net/

 

関連記事

sl1200_thmub

ワウフラ0.025%を守り抜いたDDターンテーブル『SL-1200GR』にかけるTechnicsの情熱

2017年3月23日

teac_550_thmub

ティアックから上質なデザインと高性能を両立した “ピュア” アナログターンテーブルが登場

2017年1月29日

uesaka_thmub

【デノンpresents】上坂すみれさんと一緒にアナログレコードを聴く in 秋のヘッドフォン祭2016

2016年11月7日

technica_thmub

9種類のカートリッジが一気に登場! 40種類以上の組み合わせで音色追求も audio-technica 2016発表会〜カートリッジ&アナログプレーヤー編

2016年10月21日

Book

第24巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ