アンプ

アンプ

【ポータブルオーディオLab】ビーム管の代表選手KT88が使える真空管アンプキットELEKIT『TU-8200』で球転がし

    アクティブオートバイアス調整機能で球転がしに対応! 真空管アンプの楽しみの一つに球転がしがある。同じ規格で作られた異なるメーカーや国籍の真空管に差し替えて音の違いを楽しむのだ。真空管…

2017年9月28日

アンプ

【ポータブルオーディオLab】10万円クラスの音を実現した小型アッテネータ N2 Factory『NM-26.2』

  デスクトップオーディオに必要なのはパッシブアッテネータ 私が以前から欲しかったのが、デスクトップで使える小型のアッテネータである。なぜなら、CD時代になって入力はラインレベルになり、ハイ…

2017年9月11日

アンプ

【ポータブルオーディオLab】真空管アンプで球ころがし!〜真空管編 Douk Audio『Mini Tube Audio PowerAmp』

  6V6ファミリーが大集合! 真空管アンプが入手できたので、いよいよ真空管を交換してみたい。真空管は同じモノでも生産国やメーカーによって呼び名が違っている。つまり型番が違うだけで完全互換性…

2017年9月9日

アンプ

【ポータブルオーディオLab】真空管アンプで球ころがし! Douk Audio『Mini Tube Audio PowerAmp』

    6V6で球ころがしをやってみたい エレキット『TU-8150』の真空管を交換したら音がどう変わるのかを調べるために6V6という真空管を各国から集めた。真空管アンプは返却した…

2017年9月8日

アンプ

【夏の工作特集】U5万円で本格派の音が楽しめる! ELEKIT『TU-8150』真空管編

  真空管を6V6に交換してみよう! いよいよ、ELEKIT『TU-8150』に使われている出力管の6AQ5の高信頼管『6005W』をオクタルベースのソケットに交換して、6V6に差し替えてみよう。6V…

2017年8月19日

アンプ

【夏の工作特集】U5万円で本格派の音が楽しめる! ELEKIT『TU-8150』オペアンプ編

    三極管接続か五極管接続か、それが問題だ! 今回のお題は、完成したELEKIT『TU-8150』に使われているオペアンプを差し替えて音質チューニングを試みる。だが、その前に、もっとお手…

2017年8月17日

アンプ

【夏の工作特集】U5万円で自作スピーカーに最適な真空管アンプを作る! ELEKIT『TU-8150』製作編

  真空管アンプはプリメインが使いやすい 真空管アンプキットと言えば、高価、配線が面倒、重いデカイなどネガティブな面が頭をよぎるが、オーディオファンなら一度は聴いてみたいとも思うはずだ。私も…

2017年8月6日

アンプ

【ポタフェス2017 秋葉原 夏まとめ】話題の『A&ultima SP1000』ほかプレーヤー、アンプ、スピーカー編

  ステンレス合金か銅が選べるハインドハイレゾプレーヤー Astell&Kernは今までも筐体の素材による音の違いに注目して、限定モデルでステレンス合金や銅などの筐体を発売してきた。しかし、レ…

2017年7月22日

アンプ

ヤマハ ハイレゾ音源特有のデリケートな音の違いも忠実に描き分けるネットワークAVレシーバーを発売

■ ヤマハはDolby AtmosおよびDTS:X、HDR/4K映像伝送、ハイレゾ再生に対応。さらにフルディスクリート構成7ch低歪パワーアンプや独自のデュアル7.1chシステムなど、本質的な音の良さ…

2017年6月9日

アンプ

マランツがDACなどを刷新したスリムデザインのAVレシーバー『NR1608』を発売

  マランツは、7.1ch AVサラウンドレシーバー『NR1608』を6月中旬から発売を開始する。 『NR1608』は、高さ105mmのスリムデザインながら、実用最大出力100W、全チャンネ…

2017年5月30日

1 2

Book

第38巻好評発売中!

隔週刊CDつきマガジン

JAZZ VOCAL COLLECTION

BUY

牧野良幸のハイレゾのすゝめ